銅が多く含まれる食品と食事摂取基準、欠乏と過剰摂取

日本食品標準成分表2015年版(七訂)に基づき、銅が多く含まれる食品および、少なく含まれる食品をランキング形式で紹介しています。

食品群や水分量で絞り込んだりすることもできます。

 

また日本人の食事摂取基準(2015年版)から、銅の食事摂取基準と、欠乏症・過剰症も紹介しています。

他の栄養素のランキングや食事摂取基準へは、メニューから移動できます。

銅が多く含まれる食品

食品群や水分量で絞り込んだり、含まれる量が少ない順に並び替えることができます。

最大表示件数は300件まで増やすことができます。

個別食品名をタップすると「文部科学省 食品成分データベース」の食品成分ページを表示します。

順序・件数・絞り込み条件

ランキング

可食部 100 gあたり

続きを表示する

( ): 推定値, -: 未測定, Tr: 微量

日本食品標準成分表2015年版(七訂)より

銅の食事摂取基準

mg/日

性別男性女性
年齢等推定平均
必要量
推奨量目安量耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量目安量耐容
上限量
0~5(月)--0.3---0.3-
6~11(月)--0.3---0.3-
1~2(歳)0.20.3--0.20.3--
3~5(歳)0.30.4--0.30.4--
6~7(歳)0.40.5--0.40.5--
8~9(歳)0.40.6--0.40.5--
10~11(歳)0.50.7--0.50.7--
12~14(歳)0.70.8--0.60.8--
15~17(歳)0.81.0--0.60.8--
18~29(歳)0.70.9-100.60.8-10
30~49(歳)0.71.0-100.60.8-10
50~69(歳)0.70.9-100.60.8-10
70以上(歳)0.70.9-100.60.7-10
妊婦(付加量)+0.1+0.1--
授乳婦(付加量)+0.5+0.5--

日本人の食事摂取基準(2015年版)より

銅の摂取

基本的事項

 銅(copper)は原子番号29、元素記号Cu の、金、銀と同じく11 族に属する遷移金属元素である。銅は、成人の生体内に約80 mg 存在し、約50% は筋肉や骨、約10% は肝臓中に分布する。細胞内の過剰の銅は毒性を示すため91)、体内銅の恒常性は吸収量と排泄量の調節によって厳密に維持されている92)。なかでも肝臓を中心とした排泄系の意義は大きい93,94)

 銅は、約10 種類の酵素の活性中心に結合して、エネルギー生成や鉄代謝、細胞外マトリクスの成熟、神経伝達物質の産生、活性酸素除去などに関与している95,96)

欠乏

 銅欠乏症には、先天的な銅代謝異常であるメンケス病と後天的なものとがある。メンケス病は、伴性劣性遺伝疾患であり、血液中の銅とセルロプラスミン濃度の減少、肝臓や脳の銅量の低下が起こり91)、知能低下、発育遅延、中枢神経障害が生じる。一方、後天的な銅欠乏症の原因には、摂取不足、吸収不良、必要量増加、損失増加、銅非添加の高カロリー輸液施行、低銅濃度のミルクや経腸栄養などがある96,100)。主な欠乏症は、鉄投与に反応しない貧血、白血球減少、好中球減少、骨異常、成長障害、心血管系や神経系の異常、毛髪の色素脱失、筋緊張低下、易感染性、コレステロールや糖代謝の異常などである100,101)

過剰摂取

 銅過剰症のウイルソン病は、劣性遺伝疾患であり、肝臓、脳、角膜に銅が蓄積し、肝機能障害、神経障害、精神障害、関節障害、角膜のカイザー・フライシャー輪などが生じる91,99,102,103)

参考文献

91)Desai V, Kaler SG. Role of copper in human neurological disorders. A m J Clin Nutr 2008 ; 88 (Suppl): S855─8.
92)Prohaska JR. Role of copper transporters in copper homeostasis. A m J Clin Nutr 2008 ; 88 (Suppl): S826─9.
93)Luza SC, Speisky HC. Liver copper storage and transport during development : implications for cytotoxicity. A m J Clin Nutr 1996 ; 63 : S812─20.
94)Roberts EA, Sarkar B. Liver as a key organ in the supply, storage, and excretion of copper. A m J Clin Nutr 2008 ; 88 (Suppl): S851─4.
95)da Silva FJ, Williams RJ. Copper : Extracytoplasmic oxidases and matrix formation. In : da Silva FJ, Williams RJ, eds. The biological chemistry of the elements : The inorganic chemistry of life. Clarendon Press, Oxford, 1991 : 388─99.
96)Harris ED. Copper. In : O’Dell BL, Sunde RA, eds. Handbook of nutritionally essential mineral elements. Marcel Dekker, New York, 1997 ; 231─73.
99)Vonkn WIM, Wijmenga C, Sluis B. Relevance of animal models for understanding mammalian copper homeostasis. A m J Clin Nutr 2008 ; 88 (Suppl): S840─5.
100)Uauy R, Olivares M, Gonzalez M. Essentiality of copper in humans. A m J Clin Nutr 1998 ; 67 (Suppl): S952─9.
101)Fujita M, Itakura T, Takagi Y, e t al. Copper deficiency during total parenteral nutrition : Clinical analysis of three cases. J Parent Enter Nutr 1989 ; 13 : 421─5.
102)González M, Reyes-Jara A, Suazo M, e t al. Expression of copper-related genes in response to copper load. A m J Clin Nutr 2008 ; 88 (Suppl): S830─4.
103)Lönnerdal B. Intestinal regulation of copper homeostasis : a developmental perspective. Am J Clin Nutr 2008 ; 88 (Suppl): S846─50.

日本人の食事摂取基準(2015年版)より

まとめ

いかがでしたでしょうか。

他の栄養素のランキングや食事摂取基準へは、下のメニューから移動することができます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

以上、銅が多く含まれる食品と食事摂取基準、欠乏と過剰摂取でした。

メニュー