一価不飽和脂肪酸が多く含まれる食品

日本食品標準成分表2015年版(七訂)に基づき、一価不飽和脂肪酸が多く含まれる食品および、少なく含まれる食品をランキング形式で紹介しています。

食品群や水分量で絞り込んだりすることもできます。

他の栄養素のランキングや食事摂取基準へは、メニューから移動できます。

一価不飽和脂肪酸が多く含まれる食品

食品群や水分量で絞り込んだり、含まれる量が少ない順に並び替えることができます。

最大表示件数は300件まで増やすことができます。

個別食品名をタップすると「文部科学省 食品成分データベース」の食品成分ページを表示します。

順序・件数・絞り込み条件

ランキング

可食部 100 gあたり

続きを表示する

( ): 推定値, -: 未測定, Tr: 微量

日本食品標準成分表2015年版(七訂)より

一価不飽和脂肪酸の摂取

基本的事項

 一価不飽和脂肪酸には、ミリストオレイン酸(14:1n─7)、パルミトオレイン酸(16:1n─7)、オレイン酸(18:1n─9)、エルカ酸(22:1n─9)などがある。一価不飽和脂肪酸は食品から摂取されると共に、⊿9 不飽和化酵素(desaturase)と呼ばれる二重結合を作る酵素により、飽和脂肪酸から生体内でも合成ができる。必須脂肪酸でないため、目安量は設定しない。

過剰摂取

 冠動脈疾患との関連を調べた欧米の観察研究の結果は一致しない。Seven Countries 研究125)で、一価不飽和脂肪酸摂取量が多い人で冠動脈疾患死亡リスクの減少が認められている。Nurse’s Health 研究64)では一価不飽和脂肪酸摂取量との関連は認められていない(一方、多価不飽和脂肪酸摂取量の多い人では冠動脈疾患リスクの減少が認められている)。しかし、Framingham 研究126)、デンマークのコホート研究127)での60 歳以下の女性、Lipid Research Clinics Prevalence Follow-Up 研究128)、Strong Heart 研究129)での60 歳以下で、一価不飽和脂肪酸摂取量が多い人では冠動脈疾患罹患の増加が認められている。

 肥満との関連では、エネルギー制限を行わず自由摂食した場合、一価不飽和脂肪酸を多く摂取すると肥満者が増加する懸念がある。糖尿病患者においては、高一価不飽和脂肪酸食(25% E)と高炭水化物食(高食物繊維食)を比較した6 週間の介入研究130)では、一価不飽和脂肪酸食を多く摂取した人では体重増加量が多い。最近の研究では、遺伝背景(ApoA1、ApoB、PPARs、WDTC1)の違いより、一価不飽和脂肪酸の肥満への影響が異なることが示されている131─134)。健康な人(過体重を含む)を対象にした介入研究では、高一価不飽和脂肪酸食はインスリン感受性や抵抗性を改善する報告もある135,136)が、影響を与えないことを示す報告もあり137,138)、結論は得られていない。

参考文献

64)Oh K, Hu FB, Manson JE, et al. Dietary fat intake and risk of coronary heart disease in women : 20 years of follow-up of the nurses’health study. Am J Epidemiol 2005 ; 161 : 672─9.
125)Keys A, Menotti A, Karvonen MJ, et al. The diet and 15-year death rate in the seven countries study. Am J Epidemiol 1986 ; 124 : 903─15.
126)Posner BM, Cobb JL, Belanger AJ, et al. Dietary lipid predictors of coronary heart disease in men. The Framingham Study. Arch Intern Med 1991 ; 151 : 1181─7.
127)Jakobsen MU, Overvad K, Dyerberg J, et al. Dietary fat and risk of coronary heart disease : possible effect modification by gender and age. Am J Epidemiol 2004 ; 160 : 141─9.
128)Esrey KL, Joseph L, Grover SA. Relationship between dietary intake and coronary heart disease mortality : lipid research clinics prevalence follow-up study. J Clin Epidemiol 1996 ; 49 : 129)Xu J, Eilat-Adar S, Loria C, et al. Dietary fat intake and risk of coronary heart disease : the Strong Heart Study. Am J Clin Nutr 2006 ; 84 : 894─902.
130)Gerhard GT, Ahmann A, Meeuws K, et al. Effects of a low-fat diet compared with those of a high-monounsaturated fat diet on body weight, plasma lipids and lipoproteins, and glycemic control in type 2 diabetes. Am J Clin Nutr 2004 ; 80 : 668─73.
131)Phillips CM, Goumidi L, Bertrais S, et al. Gene-nutrient interactions and gender may modulate the association between ApoA1 and ApoB gene polymorphisms and metabolic syndrome risk. Atherosclerosis 2011 ; 214 : 408─14.
132)AlSaleh A, Sanders TA, O’Dell SD. Effect of interaction between PPARG, PPARA and ADIPOQ gene variants and dietary fatty acids on plasma lipid profile and adiponectin concentration in a large intervention study. Proc Nutr Soc 2012 ; 71 : 141─53.
133)Garaulet M, Smith CE, Hernandez-Gonzalez T, et al. PPARgamma Pro12Ala interacts with fat intake for obesity and weight loss in a behavioural treatment based on the Mediterranean diet. Mol Nutr Food Res 2011 ; 55 : 1771─9.
134)Lai CQ, Parnell LD, Arnett DK, et al. WDTC1, the ortholog of Drosophila adipose gene, associates with human obesity, modulated by MUFA intake. Obesity( Silver Spring) 2009 ; 17: 593─600.
135)Kien CL, Bunn JY, Poynter ME, et al. A lipidomics analysis of the relationship between dietary fatty acid composition and insulin sensitivity in young adults. Diabetes 2013 ; 62 : 1054─ 63.
136)Lopez S, Bermudez B, Ortega A, et al. Effects of meals rich in either monounsaturated or saturated fat on lipid concentrations and on insulin secretion and action in subjects with high fasting triglyceride concentrations. Am J Clin Nutr 2011 ; 93 : 494─9.
137)Bos MB, de Vries JH, Feskens EJ, et al. Effect of a high monounsaturated fatty acids diet and a mediterranean diet on serum lipids and insulin sensitivity in adults with mild abdominal obesity. Nutr Metab Cardiovasc Dis 2010 ; 20 : 591─8.
138)Jebb SA, Lovegrove JA, Griffin BA, et al. Effect of changing the amount and type of fat and carbohydrate on insulin sensitivity and cardiovascular risk : the RISCK (Reading, Imperial, Surrey, Cambridge, and Kings) trial. Am J Clin Nutr 2010 ; 92 : 748─58.

日本人の食事摂取基準(2015年版)より

まとめ

いかがでしたでしょうか。

他の栄養素のランキングや食事摂取基準へは、下のメニューから移動することができます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

以上、一価不飽和脂肪酸が多く含まれる食品でした。

メニュー