オメガ6系(n-6系多価不飽和脂肪酸)が多く含まれる食品と食事摂取基準、欠乏と過剰摂取

日本食品標準成分表2015年版(七訂)に基づき、オメガ6系(n-6系多価不飽和脂肪酸)が多く含まれる食品および、少なく含まれる食品をランキング形式で紹介しています。

食品群や水分量で絞り込んだりすることもできます。

 

また日本人の食事摂取基準(2015年版)から、オメガ6系(n-6系多価不飽和脂肪酸)の食事摂取基準と、欠乏症・過剰症も紹介しています。

他の栄養素のランキングや食事摂取基準へは、メニューから移動できます。

オメガ6系(n-6系多価不飽和脂肪酸)が多く含まれる食品

食品群や水分量で絞り込んだり、含まれる量が少ない順に並び替えることができます。

最大表示件数は300件まで増やすことができます。

個別食品名をタップすると「文部科学省 食品成分データベース」の食品成分ページを表示します。

順序・件数・絞り込み条件

ランキング

可食部 100 gあたり

続きを表示する

( ): 推定値, -: 未測定, Tr: 微量

日本食品標準成分表2015年版(七訂)より

オメガ6系(n-6系多価不飽和脂肪酸)の食事摂取基準

g/日

性別男性女性
年齢等目安量目安量
0~5(月)44
6~11(月)44
1~2(歳)55
3~5(歳)76
6~7(歳)77
8~9(歳)97
10~11(歳)98
12~14(歳)1210
15~17(歳)1310
18~29(歳)118
30~49(歳)108
50~69(歳)108
70以上(歳)87
妊婦9
授乳婦9

日本人の食事摂取基準(2015年版)より

オメガ6系(n-6系多価不飽和脂肪酸)の摂取

基本的事項

脂肪酸には炭素間の二重結合がない飽和脂肪酸、1 個存在する一価不飽和脂肪酸、2 個以上存在する多価不飽和脂肪酸がある。さらに、多価不飽和脂肪酸はメチル基末端からの最初の2 重結合の位置により、n─3 系脂肪酸(メチル基末端から3 番目)とn─6 系脂肪酸(メチル基末端から6番目)に区別される。  n─6 系脂肪酸には、リノール酸(18:2n─6)、γ─リノレン酸(18:3n─6)、アラキドン酸(20:4n─6)などがあり、γ─リノレン酸やアラキドン酸はリノール酸の代謝産物である。

 n─6 系脂肪酸とn─3 系脂肪酸は体内で合成できず、欠乏すると皮膚炎などが発症する(必須脂肪酸)。

欠乏

 体内では、n─6 系脂肪酸をアセチルCoA から合成することができないので経口摂取する必要がある。日本人で摂取されるn─6 系脂肪酸の98% はリノール酸である。γ─リノレン酸やアラキドン酸の単独摂取による人体への影響について調べた研究は少ない。

日常生活を自由に営んでいる健康な日本人には、n─6 系脂肪酸の欠乏が原因と考えられる皮膚炎等の報告はない。

過剰摂取

 冠動脈疾患に関して、血中脂質を比較した欧米での介入研究では、炭水化物の代わりに多価不飽和脂肪酸(主にn─6 系脂肪酸)を摂取すると、炭水化物の代わりに他の脂肪酸を摂取した場合に比べ、最もLDL コレステロールが低下する9)。飽和脂肪酸の代わりにn─6 系脂肪酸を摂取してもLDL コレステロールは低下する61)。しかし、冠動脈疾患をエンドポイントとした観察研究の結果は一致していない62,63)。Nurses’ Health 研究64)ではリノール酸摂取量の最高分位(7.0% E)は冠動脈疾患罹患リスクが最も低いが、最近の研究65─68)ではn─6 系脂肪酸摂取量との関連は認められていない。多くの介入研究27)で、飽和脂肪酸を多価不飽和脂肪酸に置き換えた場合、飽和脂肪酸に比べて冠動脈疾患罹患は減少するが、たんぱく質や炭水化物を多価不飽和脂肪酸に置き換えた介入研究が行われていないため、冠動脈疾患罹患の減少が飽和脂肪酸減少によるものか、多価不飽和脂肪酸増加によるものか明らかでない。2013 年に発表された介入研究のメタ・アナリシス(健康な人も心筋梗塞後患者も対象)69)は、n─3 系脂肪酸とn─6 系脂肪酸の効果を区別して解析している。n─3 系とn─6 系脂肪酸の混合脂質摂取は心筋梗塞による死亡を19% 低下させたが、リノール酸のみだと33% の増加が認められている。2010 年に発表された介入研究のメタ・アナリシス(健康な人も心筋梗塞後患者も対象)70)では、死亡例のみならず非致死性心筋梗塞も加えて解析されており、n─3 系とn─6 系脂肪酸の混合脂質摂取は心筋梗塞の罹患リスクを22% 低下させたが、n─6 系脂肪酸のみだと13% の増加が認められている。

 日本人の脳卒中を対象とした前向きコホート内症例対照研究71)では、血清脂質中のリノール酸比が34% の群(リノール酸摂取量でおよそ13.3 g/日に相当)は、22% の群(リノール酸摂取量でおよそ9.5 g/日に相当)と比較し、脳卒中の発症のオッズ比が0.43 に低下していた。しかし、n─6系脂肪酸摂取量と脳梗塞罹患率を調べたコホート研究72,73)では、関連は認められていない。

 Nurses’ Health 研究74)で、植物油摂取量と糖尿病罹患との間に弱い負の関係が見いだされているが、植物油に含まれる脂肪酸の種類については明らかにされていない。最近の研究75)では、n─6 系脂肪酸摂取量と糖尿病罹患との関連は認められていない。

 がんに関しては、最近のコホート研究76)や症例対照研究77,78)で、n─6 系脂肪酸摂取量と乳がん罹患に正の関連が認められている79)

 リノール酸は、一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸よりも酸化されやすく、多量に摂取した場合(10% E 以上)のリスクは十分に解明されていない4)。さらに、リノール酸は炎症を惹起するプロスタグランジンやロイコトリエン80)を生成するので、多量摂取時の安全性が危惧される。リノー ル酸過剰摂取で認められた乳がん罹患や心筋梗塞罹患の増加は、リノール酸の酸化しやすさ、炎症作用が原因かもしれない。

参考文献

4)Food and Nutrition Board. Dietary reference intakes, for energy, carbohydrate, fiber, fat, fatty acids, cholesterol, protein, and amino acids., National Academies Press : Washington, DC, 2005.
9)Mensink RP, Zock PL, Kester AD, et al. Effects of dietary fatty acids and carbohydrates on the ratio of serum total to HDL cholesterol and on serum lipids and apolipoproteins : a metaanalysis of 60 controlled trials. Am J Clin Nutr 2003 ; 77 : 1146─55.
27)Mozaffarian D, Micha R, Wallace S. Effects on coronary heart disease of increasing polyunsaturated fat in place of saturated fat : a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. PLoS Med 2010 ; 7 : e1000252.
61)Clarke R, Frost C, Collins R, et al. Dietary lipids and blood cholesterol : quantitative metaanalysis of metabolic ward studies. BMJ 1997 ; 314 : 112─7.
62)Czernichow S, Thomas D, Bruckert E. n-6 Fatty acids and cardiovascular health : a review of the evidence for dietary intake recommendations. Br J Nutr 2010 ; 104 : 788─96.
63)Harris WS, Mozaffarian D, Rimm E, et al. Omega-6 fatty acids and risk for cardiovascular disease : a science advisory from the American Heart Association Nutrition Subcommittee of the Council on Nutrition, Physical Activity, and Metabolism ; Council on Cardiovascular Nursing ; and Council on Epidemiology and Prevention. Circulation 2009 ; 119 : 902─7.
64)Oh K, Hu FB, Manson JE, et al. Dietary fat intake and risk of coronary heart disease in women : 20 years of follow-up of the nurses’health study. Am J Epidemiol 2005 ; 161 : 672─9.
65)Levitan EB, Wolk A, Hakansson N, et al. alpha-Linolenic acidLinoleic acid and heart failure in women. Br J Nutr 2012 ; 108 : 1300─6.
66)Vedtofte MS, Jakobsen MU, Lauritzen L, et al. Dietary alpha-linolenic acid, linoleic acid, and n-3 long-chain PUFA and risk of ischemic heart disease. Am J Clin Nutr 2011 ; 94 : 1097─103.
67)Virtanen JK, Mozaffarian D, Chiuve SE, et al. Fish consumption and risk of major chronic disease in men. Am J Clin Nutr 2008 ; 88 : 1618─25.
68)de Goede J, Geleijnse JM, Boer JM, et al. Linoleic acid intake, plasma cholesterol and 10-year incidence of CHD in 20,000 middLe-aged men and women in the Netherlands. Br J Nutr 2012 ; 107 : 1070─6.
69)Ramsden CE, Zamora DLeelarthaepin B, Majchrzak-Hong SF, et al. Use of dietary linoleic acid for secondary prevention of coronary heart disease and death : evaluation of recovered data from the Sydney Diet Heart Study and updated meta-analysis. BMJ 2013 ; 346 : e8707.
70)Ramsden CE, Hibbeln JR, Majchrzak SF, et al. n-6 fatty acid-specific and mixed polyunsaturate dietary interventions have different effects on CHD risk : a meta-analysis of randomised controlled trials. Br J Nutr 2010 ; 104 : 1586─600.
71)Iso H, Sato S, Umemura U, et al. Linoleic acid, other fatty acids, and the risk of stroke. Stroke 2002 ; 33 : 2086─93.
72)Larsson SC, Virtamo J, Wolk A. Dietary fats and dietary cholesterol and risk of stroke in women. Atherosclerosis 2012 ; 221 : 282─6.
73)Seino F, Date C, Nakayama T, et al. Dietary lipids and incidence of cerebral infarction in a Japanese rural community. J Nutr Sci Vitaminol( Tokyo) 1997 ; 43: 83─99.
74)Halton TL, Liu S, Manson JE, et al. Low-carbohydrate-diet score and risk of type 2 diabetes in women. Am J Clin Nutr 2008 ; 87 : 339─46.
75)Brostow DP, Odegaard AO, Koh WP, et al. Omega-3 fatty acids and incident type 2 diabetes : the Singapore Chinese Health Study. Am J Clin Nutr 2011 ; 94 : 520─6.
76)Murff HJ, Shu XO, Li H, et al. Dietary polyunsaturated fatty acids and breast cancer risk in Chinese women : a prospective cohort study. Int J Cancer 2011 ; 128 : 1434─41.
77)Chajes V, Torres-Mejia G, Biessy C, et al. omega-3 and omega-6 polyunsaturated fatty acid intakes and the risk of breast cancer in Mexican women : impact of obesity status. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2012 ; 21 : 319─26.
78)Wang J, John EM, Ingles SA. 5-lipoxygenase and 5-lipoxygenase-activating protein gene polymorphisms, dietary linoleic acid, and risk for breast cancer. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2008 ; 17 : 2748─54.
79)de Lorgeril M, Salen P. New insights into the health effects of dietary saturated and omega-6 and omega-3 polyunsaturated fatty acids. BMC Med 2012 ; 10 : 50.
80)Lewis RA, Austen KF. The biologically active leukotrienes. Biosynthesis, metabolism, receptors, functions, and pharmacology. J Clin Invest 1984 ; 73 : 889─97.

日本人の食事摂取基準(2015年版)より

まとめ

いかがでしたでしょうか。

他の栄養素のランキングや食事摂取基準へは、下のメニューから移動することができます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

以上、オメガ6系(n-6系多価不飽和脂肪酸)が多く含まれる食品と食事摂取基準、欠乏と過剰摂取でした。

メニュー