ヨウ素が多く含まれる食品と食事摂取基準、欠乏と過剰摂取

日本食品標準成分表2015年版(七訂)に基づき、ヨウ素が多く含まれる食品および、少なく含まれる食品をランキング形式で紹介しています。

食品群や水分量で絞り込んだりすることもできます。

 

また日本人の食事摂取基準(2015年版)から、ヨウ素の食事摂取基準と、欠乏症・過剰症も紹介しています。

他の栄養素のランキングや食事摂取基準へは、メニューから移動できます。

ヨウ素が多く含まれる食品

食品群や水分量で絞り込んだり、含まれる量が少ない順に並び替えることができます。

最大表示件数は300件まで増やすことができます。

個別食品名をタップすると「文部科学省 食品成分データベース」の食品成分ページを表示します。

順序・件数・絞り込み条件

ランキング

可食部 100 gあたり

続きを表示する

( ): 推定値, -: 未測定, Tr: 微量

日本食品標準成分表2015年版(七訂)より

ヨウ素の食事摂取基準

μg/日

性別男性女性
年齢等推定平均
必要量
推奨量目安量耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量目安量耐容
上限量
0~5(月)--100250--100250
6~11(月)--130250--130250
1~2(歳)3550-2503550-250
3~5(歳)4560-3504560-350
6~7(歳)5575-5005575-500
8~9(歳)6590-5006590-500
10~11(歳)80110-50080110-500
12~14(歳)100140-1,200100140-1,200
15~17(歳)100140-2,000100140-2,000
18~29(歳)95130-3,00095130-3,000
30~49(歳)95130-3,00095130-3,000
50~69(歳)95130-3,00095130-3,000
70以上(歳)95130-3,00095130-3,000
妊婦(付加量)+75+110--1
授乳婦(付加量)+100+140--
1 妊婦の耐容上限量は2,000 μg/日とする。

日本人の食事摂取基準(2015年版)より

ヨウ素の摂取

基本的事項

 ヨウ素(iodine)は原子番号53、元素記号I のハロゲン元素の一つである。人体中ヨウ素の70~80% は甲状腺に存在し、甲状腺ホルモンを構成する。

145) ヨウ素を含む甲状腺ホルモンは、生殖、成長、発達等の生理的プロセスを制御し、エネルギー代謝を亢進させる。また、甲状腺ホルモンは、胎児の脳、末梢組織、骨格などの発達と成長を促す。

欠乏

145)慢性的なヨウ素欠乏は、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌亢進、甲状腺の異常肥大、又は過形成(いわゆる甲状腺腫)を起こし、甲状腺機能を低下させる。妊娠中のヨウ素欠乏は、死産、流産、胎児の先天異常及び胎児甲状腺機能低下(先天性甲状腺機能低下症)を招く。重度の先天性甲状腺機能低下症は全般的な精神遅滞、低身長、聾唖、痙直を起こす。重度の神経学的障害を伴わず、甲状腺の萎縮と線維化を伴う粘液水腫型胎生甲状腺機能低下症を示すこともある。

過剰摂取

 ヨウ素は海藻類、特に昆布に高濃度で含まれるため、日本人は世界でもまれな高ヨウ素摂取の集団である。

 日常的にヨウ素を過剰摂取すると、甲状腺でのヨウ素の有機化反応が阻害されるが、甲状腺へのヨウ素輸送が低下する“脱出(escape)”現象が起こり、甲状腺ホルモンの生成量は正常範囲に維持される167)。日本人の場合は、ヨウ素摂取の形態が極めて特異的であり、恐らく脱出現象が成立し、ヨウ素過剰摂取の影響を受けにくいと考えられる。しかし、脱出現象が成立していても、大量にヨウ素を摂取すれば、甲状腺ホルモン合成量は低下し、軽度の場合には甲状腺機能低下、重度の場合には甲状腺腫が発生する149)

 なお、この耐容上限量は、習慣的なヨウ素摂取に適用されるものである。また、海藻類を食べない集団のヨウ素摂取量が平均で73μg/日に過ぎないと報告されていることから176)、継続的な海藻類の摂取忌避はヨウ素不足につながるといえる。

 日本人を対象にして海藻類摂取状況と甲状腺がん発症との関連を検討した報告では、閉経後の女性で、海藻類をほぼ毎日食べる集団は、週2 日以下しか食べない集団に比較して甲状腺がん、特に乳頭がん発症リスクが有意に上昇していた184)

参考文献

145)Zimmermann MB(端田寛子,志村二三夫訳).ヨウ素とその欠乏による障害.最新栄養学 第9 版(Bowman BA, Russel RM eds.(木村修一,小林修平,翻訳監修)).建帛社,東京, 2007:469─77.
149)Food and Nutrition Board, Institute of Medicine. Iodine. In : Institute of Medicine, ed. Dietary reference intakes for vitamin A, vitamin K, arsenic, boron, chromium, copper, iodine, iron, manganese, molybdenum, nickel, silicon, vanadium, and zinc. National Academies Press, Washington D. C., 2001 : 258─89.
167)Eng PH, Cardona GR, Fang SL, e t al. Escape from the acute Wolff-Chaikoff effect is associated with a decrease in thyroid sodium/iodide symporter messenger ribonucleic acid and protein. Endocrinology 1999 ; 140 : 3404─10.
176)塚田 信,浦川由美子,横山次郎,他.日本人学生のヨウ素摂取量調査─「日本食品標準成 分表2010」に基づいて─.日本臨床栄養学会雑誌2013;35:30─8.
184)Michikawa T, Inoue M, Shimazu T, e t al. Seaweed consumption and the risk of thyroid cancer in women : the Japan Public Health Center-based Prospective Study. Eur J Cancer Prev 2012 ; 21 : 254─60.

日本人の食事摂取基準(2015年版)より

まとめ

いかがでしたでしょうか。

他の栄養素のランキングや食事摂取基準へは、下のメニューから移動することができます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

以上、ヨウ素が多く含まれる食品と食事摂取基準、欠乏と過剰摂取でした。

メニュー