ビタミンB2が多く含まれる食品と食事摂取基準、欠乏と過剰摂取

日本食品標準成分表2015年版(七訂)に基づき、ビタミンB2が多く含まれる食品および、少なく含まれる食品をランキング形式で紹介しています。

食品群や水分量で絞り込んだりすることもできます。

 

また日本人の食事摂取基準(2015年版)から、ビタミンB2の食事摂取基準と、欠乏症・過剰症も紹介しています。

他の栄養素のランキングや食事摂取基準へは、メニューから移動できます。

ビタミンB2が多く含まれる食品

食品群や水分量で絞り込んだり、含まれる量が少ない順に並び替えることができます。

最大表示件数は300件まで増やすことができます。

個別食品名をタップすると「文部科学省 食品成分データベース」の食品成分ページを表示します。

順序・件数・絞り込み条件

ランキング

可食部 100 gあたり

続きを表示する

( ): 推定値, -: 未測定, Tr: 微量

日本食品標準成分表2015年版(七訂)より

ビタミンB2の食事摂取基準

mg/日1

性別男性女性
年齢等推定平均
必要量
推奨量目安量推定平均
必要量
推奨量目安量
0~5(月)--0.3--0.3
6~11(月)--0.4--0.4
1~2(歳)0.50.6-0.50.5-
3~5(歳)0.70.8-0.60.8-
6~7(歳)0.80.9-0.70.9-
8~9(歳)0.91.1-0.91.0-
10~11(歳)1.11.4-1.11.3-
12~14(歳)1.31.6-1.21.4-
15~17(歳)1.41.7-1.21.4-
18~29(歳)1.31.6-1.01.2-
30~49(歳)1.31.6-1.01.2-
50~69(歳)1.21.5-1.01.1-
70以上(歳)1.11.3-0.91.1-
妊婦(付加量)+0.2+0.3-
授乳婦(付加量)+0.5+0.6-
1 身体活動レベルⅡの推定エネルギー必要量を用いて算定した。
特記事項:推定平均必要量は、ビタミンB2 の欠乏症である口唇炎、口角炎、舌炎などの皮 膚炎を予防するに足る最小摂取量から求めた値ではなく、尿中にビタミンB2 の排泄量が増 大し始める摂取量(体内飽和量)から算定。

日本人の食事摂取基準(2015年版)より

ビタミンB2の摂取

基本的事項

ビタミンB2 の化学名はリボフラビンである。食事摂取基準は、リボフラビン量として設定した。正式な化学名は7,8─ジメチル─10─〔(2R,3R,4S)─2,3,4,5─テトラヒドロキシペンチル)ベンゾ[g]プテリジン─2,4(3H,10H)─ディオンである。ビタミンB2 にリン酸が一つ結合したフラビンモノヌクレオチド(FMN)、それにAMP が結合したフラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)共に、消化管でビタミンB2 にまで消化された後、体内に取り込まれるため、ビタミンB2 と等モルの活性を示す。

 ビタミンB2 は、補酵素FMN 及びFAD として、エネルギー代謝や物質代謝に関与している。TCA 回路、電子伝達系、脂肪酸のβ酸化等のエネルギー代謝に関わっている。

欠乏

ビタミンB2 が欠乏すると、成長抑制を引き起こす。また、欠乏により、口内炎、口角炎、舌炎、脂漏性皮膚炎などが起こる。

日本人を対象とした。ビタミンB2 欠乏実験の報告が一つある12)。例数(男性2 人、女性2 人)は少ないが、欠乏食を投与し始めると5 週目から6 週目に咽頭痛の訴えに始まり、舌縁痛、口唇外縁痛が起こり、歯茎、口腔粘膜より出血し、羞しゅう明めい、眼精疲労等を訴えるようになったとの報告がある13)。回復実験で0.5 mg/日のビタミンB2 を10 日間投与させることにより諸症状は急激に軽快したと記載されている12)。実験期間中、ビタミンB2 を1 mg/日投与させた対照者(女性1 人)には、全く諸症状は見られなかったことも記載されている。

過剰摂取

 通常の食品で可食部100 g 当たりのビタミンB2 含量が1 mg を超える食品は、肝臓を除き存在しない。通常の食品を摂取している人で、過剰摂取による健康障害が発現したという報告は見当たらない。

 リボフラビンは、水に溶けにくく、吸収率は摂取量が増加すると共に顕著に低下する。また、過剰量が吸収されても、余剰のリボフラビンは速やかに尿中に排泄されることから、多量摂取による過剰の影響を受けにくい。偏頭痛患者に毎日400 mg のリボフラビンを3 か月間投与した実験や16)、健康な人に11.6 mg のリボフラビンを単回静脈投与した場合17)においても健康障害がなかったと報告されている。

参考文献

12)中川一郎.ビタミンB2 欠乏人体実験に関する研究.ビタミン1952;5:1─5.
13)Horwitt MK, Harvey CC, Hills OW, et al. Correlation of urinary excretion of riboflavin with dietary intake and symptoms of ariflavinosis. J Nutr 1950 ; 41 : 247─64.
16)Schoenen J, Lenaerts M, Bastings E. Rapid communication : High-dose riboflavin as a prophylactic treatment of migraine : Results of an open pilot study. Cephalalgia 1994 ; 14 : 328─9.
17)Zempleni J, Galloway JR, McCormick DB. Pharmacokinetics of orally and intravenously administered riboflavin in healthy humans. Am J Clin Nutr 1996 ; 63 : 54─66.

日本人の食事摂取基準(2015年版)より

まとめ

いかがでしたでしょうか。

他の栄養素のランキングや食事摂取基準へは、下のメニューから移動することができます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

以上、ビタミンB2が多く含まれる食品と食事摂取基準、欠乏と過剰摂取でした。

メニュー