セレンが多く含まれる食品と食事摂取基準、欠乏と過剰摂取

日本食品標準成分表2015年版(七訂)に基づき、セレンが多く含まれる食品および、少なく含まれる食品をランキング形式で紹介しています。

食品群や水分量で絞り込んだりすることもできます。

 

また日本人の食事摂取基準(2015年版)から、セレンの食事摂取基準と、欠乏症・過剰症も紹介しています。

他の栄養素のランキングや食事摂取基準へは、メニューから移動できます。

セレンが多く含まれる食品

食品群や水分量で絞り込んだり、含まれる量が少ない順に並び替えることができます。

最大表示件数は300件まで増やすことができます。

個別食品名をタップすると「文部科学省 食品成分データベース」の食品成分ページを表示します。

順序・件数・絞り込み条件

ランキング

可食部 100 gあたり

続きを表示する

( ): 推定値, -: 未測定, Tr: 微量

日本食品標準成分表2015年版(七訂)より

セレンの食事摂取基準

μg/日

性別男性女性
年齢等推定平均
必要量
推奨量目安量耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量目安量耐容
上限量
0~5(月)--15---15-
6~11(月)--15---15-
1~2(歳)1010-801010-70
3~5(歳)1015-1101010-110
6~7(歳)1515-1501515-150
8~9(歳)1520-1901520-180
10~11(歳)2025-2402025-240
12~14(歳)2530-3302530-320
15~17(歳)3035-4002025-350
18~29(歳)2530-4202025-330
30~49(歳)2530-4602025-350
50~69(歳)2530-4402025-350
70以上(歳)2530-4002025-330
妊婦(付加量)+5+5--
授乳婦(付加量)+15+20--

日本人の食事摂取基準(2015年版)より

セレンの摂取

基本的事項

 セレン(selenium)は原子番号34、元素記号Se の第16 族元素の一つである。セレン含有量の高い食品は魚介類であり、植物性食品と畜産物のセレン含有量は、それぞれ土壌と飼料中のセレン含有量に依存して変動する185)

 セレンは、含セレンたんぱく質の形態で生理機能を発現し、抗酸化システムや甲状腺ホルモン代謝において重要である。ゲノム解析の結果、ヒトには25 種類の含セレンたんぱく質の存在が明らかにされている186)。代表的な含セレンたんぱく質は、グルタチオンペルオキシダーゼ、ヨードチロニン脱ヨウ素酵素、チオレドキシンレダクターゼなどである。

欠乏

セレン欠乏症は、心筋障害を起こす克山病(Keshan disease)187─189)、カシン・ベック病(Kashin-Beck disease)190)などに関与している。また、完全静脈栄養中に、血漿セレン濃度の著しい低下(9μg/L)、下肢筋肉痛、皮膚の乾燥・薄片状などを生じた症例191)、心筋障害を起こして死亡した症例192)などが報告され、セレン欠乏症と判断された。類似症例は日本でも報告されている193)

過剰摂取

 セレンの場合、通常の食品において過剰摂取が生じる可能性は低い。サプリメントの不適切な利用に伴って過剰摂取が生じる可能性がある。

 慢性セレン中毒で最も高頻度の症状は、毛髪と爪の脆弱化・脱落である186,206)。その他の症状には、胃腸障害、皮疹、呼気にんにく臭、疲労、過敏、神経系異常がある186,206─208)。誤飲や自殺目的でグラム単位のセレンを摂取した場合の急性中毒症状は、重症の胃腸障害、神経障害、呼吸不全症候群、心筋梗塞、腎不全などである209─212)

 皮膚がん既往者に200μg/日のセレンサプリメントを平均4.5 年間投与したアメリカの介入研究において、対象者を血清セレン濃度に基づいて3 群に分けて検討すると、セレン濃度が最も高い(121.6μg/L 以上)群において2 型糖尿病発症率の有意な増加が認められている217)観察研究においても、血清セレン濃度の上昇が糖尿病発症率の増加に関連することが認められている218,219)

 セレンと心血管系疾患に関する疫学的観察研究をまとめた論文は、コホート内で血清又は足爪セレン濃度の低い群は高い群に比較して、心血管系疾患発症リスクが高いと結論している220)。しかし、介入研究をまとめた論文は、心血管系疾患予防目的でセレンを投与しても効果は認められないとしている221)。また、セレンと高血圧症に関する疫学的観察研究をまとめた論文は、セレン状態と高血圧症との間に関連はないと結論している222)。他方、アメリカとイギリスでの大規模な横断研究は、血清のセレン濃度と脂質成分値(コレステロールと中性脂肪)の関連がU 字型であることを示している223,224)

参考文献

185)吉田宗弘.日本人のセレン摂取と血中セレン濃度.栄食誌1992;45:485─94.
186)Sunde RA(吉田宗弘,訳).セレン.最新栄養学 第9 版(Bowman BA, Russel RM, eds. (木村修一,小林修平,翻訳監修)).建帛社,東京,2007:478─96.
187)Chen X, Yang G, Chen J, e t al. Studies on the relations of selenium and Keshan disease. Biol Trace Elem Res 1980 ; 2 : 91─107.
188)Yang G─Q, Zhu L─Z, Liu S─J, e t al. Human selenium requirements in China. In : Combs GF Jr., Levander OA, Spallholz JE, et al., eds. Selenium in biology and medicine. Avi, New York, 1987 : 589─607.
189)Beck MA, Levander OA, Handy J. Selenium deficiency and viral infection. J Nutr 2003 ; 133 : 1463S─7S.
190)Peng A, Wang WH, Wang CX, e t al. The role of humic substances in drinking water in Kashin-Beck disease in China. Environ Health Perspect 1999 ; 107 : 293─6.
191)van Rij AM, Thomson CD, McKenzie JM, e t al. Selenium deficiency in total parenteral nutrition. A m J Clin Nutr 1979 ; 32 : 2076─85.
192)Lockitch G, Taylor GP, Wong LT, e t al. Cardiomyopathy associated with nonendemic selenium deficiency in a Caucasian adolescent. A m J Clin Nutr 1990 ; 52 : 572─7.
193)松末 智.長期高カロリー輸液中に心筋症を来したセレン欠乏症の1 例.日外会誌1987; 88:483─8.
206)Yang GQ, Wang SZ, Zhou RH, e t al. Endemic selenium intoxication of humans in China. A m J Clin Nutr 1983 ; 37 : 872─81.
207)Yang GQ, Yin S, Zhou RH, e t al. Studies of safe maximal daily dietary Se-intake in a seleniferous area in China. Part II : relation between Se-intake and the manifestation of clinical signs and certain biochemical alterations in blood and urine. J Trace Elem Electrolytes Health Dis 1989 ; 3 : 123─30.
208)Jensen R, Closson W, Rothenberg R. Selenium intoxication? New York. Morbid Mortal Wkly Rep 1984 ; 33 : 157─8.
209)Carter RF. Acute selenium poisoning. Med J Aust 1966 ; 1 : 525─8.
210)Lombeck I, Menzel H, Frosch D. Acute selenium poisoning of a 2─year old child. Eur J Pediatr 1987 ; 146 : 308─12.
211)Matoba R, Kimura H, Uchima E, e t al. An autopsy case of acute selenium (selenious acid) poisoning and selenium levels in human tissues. Forensic Sci Int 1986 ; 31 : 87─92.
212)Nantel AJ, Brown M, Dery P, e t al. Acute poisoning by selenious acid. Vet Hum Toxicol 1985 ; 27 : 531─3.
217)Stranges S, Marshall JR, Natarajan R, e t al. Effects of long-term selenium supplementation on the incidence of type 2 diabetes : a randomized trial. Ann Intern Med 2007 ; 147 : 217─23.
218)Laclaustra M, Navas-Acien A, Stranges S, e t al. Serum selenium concentrations and diabetes in U. S. adults : National Health and Nutrition Examination Survey (NHANES) 2003─2004. Environ Health Perspect 2009 ; 117 : 1409─13
219)Stranges S, Sieri S, Vinceti M, e t al. A prospective study of dietary selenium intake and risk of type 2 diabetes. BMC Public Health 2010 ; 10 : 564.
220)Flores-Mateo G, Navas-Acien A, Pastor-Barriuso R, e t al. Selenium and coronary heart disease : a meta-analysis. A m J Clin Nutr 2006 ; 84 : 762─73.
221)Rees K, Hartley L, Day C, e t al. Selenium supplementation for the primary prevention of cardiovascular disease. Cochrane Database Syst Rev 2013 ; 1 : CD009671. doi : 10.1002/ 14651858.CD009671.pub2.
222)Kuruppu D, Hendrie HC, Yang L, e t al. Selenium levels and hypertension : a systematic review of the literature. Public Health Nutr 2013 : 1─11. doi :10.1017/S1368980013000992
223)Stranges S, Laclaustra M, Ji C, e t al. Higher selenium status is associated with adverse blood lipid profile in British adults. J Nutr 2010 : 140 ; 81─7.
224)Laclaustra M, Stranges S, Navas-Acien A, e t al. Serum selenium and serum lipids in US adults : National Health and Nutrition Examination Survey (NHANES) 2003─2004. Atherosclerosis 2010 ; 210 : 643─8.

日本人の食事摂取基準(2015年版)より

まとめ

いかがでしたでしょうか。

他の栄養素のランキングや食事摂取基準へは、下のメニューから移動することができます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

以上、セレンが多く含まれる食品と食事摂取基準、欠乏と過剰摂取でした。

メニュー