ビタミンB1が多く含まれる食品と食事摂取基準、欠乏と過剰摂取

日本食品標準成分表2015年版(七訂)に基づき、ビタミンB1が多く含まれる食品および、少なく含まれる食品をランキング形式で紹介しています。

食品群や水分量で絞り込んだりすることもできます。

 

また日本人の食事摂取基準(2015年版)から、ビタミンB1の食事摂取基準と、欠乏症・過剰症も紹介しています。

他の栄養素のランキングや食事摂取基準へは、メニューから移動できます。

ビタミンB1が多く含まれる食品

食品群や水分量で絞り込んだり、含まれる量が少ない順に並び替えることができます。

最大表示件数は300件まで増やすことができます。

個別食品名をタップすると「文部科学省 食品成分データベース」の食品成分ページを表示します。

順序・件数・絞り込み条件

ランキング

可食部 100 gあたり

続きを表示する

( ): 推定値, -: 未測定, Tr: 微量

日本食品標準成分表2015年版(七訂)より

ビタミンB1の食事摂取基準

mg/日1

性別男性女性
年齢等推定平均
必要量
推奨量目安量推定平均
必要量
推奨量目安量
0~5(月)--0.1--0.1
6~11(月)--0.1--0.1
1~2(歳)0.40.5-0.40.5-
3~5(歳)0.60.7-0.60.7-
6~7(歳)0.70.8-0.70.8-
8~9(歳)0.81.0-0.80.9-
10~11(歳)1.01.2-0.91.1-
12~14(歳)1.21.4-1.11.3-
15~17(歳)1.31.5-1.01.2-
18~29(歳)1.21.4-0.91.1-
30~49(歳)1.21.4-0.91.1-
50~69(歳)1.11.3-0.91.0-
70以上(歳)1.01.2-0.80.9-
妊婦(付加量)+0.2+0.2-
授乳婦(付加量)+0.2+0.2-
1 身体活動レベルⅡの推定エネルギー必要量を用いて算定した。
特記事項:推定平均必要量は、ビタミンB1 の欠乏症である脚気を予防するに足る最小必要量からではなく、尿中にビタミンB1 の排泄量が増大し始める摂取量(体内飽和量)から算定。

日本人の食事摂取基準(2015年版)より

ビタミンB1の摂取

基本的事項

 ビタミンB1 の化学名はチアミンであるが、食事摂取基準はチアミン塩酸塩量として設定した。正式な化学名は2─〔3─[(4─アミノ─2─メチル─ピリミジン─5─イル)メチル]─4─メチル─チアゾール─5─イル〕エタノールである。ビタミンB1 にリン酸が一つ結合したチアミンモノリン酸(TMP)、二つ結合したチアミンジリン酸(TDP)、三つ結合したチアミントリリン酸(TTP)が存在する。TMP、TDP、TTP いずれも消化管でビタミンB1 に消化された後、吸収されるため、ビタミンB1 と等モルの活性を示す。

 ビタミンB1 は、補酵素型のTDP として、グルコース代謝と分枝アミノ酸代謝に関与している。

欠乏

ビタミンB1 欠乏により、神経炎や脳組織への障害が生じる。ビタミンB1 欠乏症は、脚気とウェルニッケ-コルサコフ症候群がある。

過剰摂取

ビタミンB1 過剰症では、頭痛、いらだち、不眠、速脈、脆弱化、接触皮膚炎、かゆみなどの症状が現れる1)

 通常の食品で可食部100 g 当たりのビタミンB1 含量が1 mg を超える食品は存在しない。通常の食品を摂取している人で、過剰摂取による健康障害が発現したという報告は見当たらない。

 50 mg/kg 体重/日以上(3,000 mg/日以上)のチアミン塩酸塩の慢性的な摂取は成人において、様々な毒性を示唆する臨床症状を示すことが報告されている11)。例えば、10 g のチアミン塩酸塩を2 週間半の間、毎日飲み続けたら、頭痛、いらだち、不眠、速脈、脆弱化、接触皮膚炎、かゆみが発生したが、摂取を中止したら、2 日間で症状は消えたことが報告されている1)

参考文献

1)Mills CA. Thiamine over dosage and toxicity. J Am Med Assoc 1941 ; 116 : 2101.
11)Iber FL, Blass JP, Brin M. Thiamin in elderly, relation to alcoholism and to neurological degenerative disease. Am J Clin Nutr 1982 ; 36 : 1067─82.

日本人の食事摂取基準(2015年版)より

まとめ

いかがでしたでしょうか。

他の栄養素のランキングや食事摂取基準へは、下のメニューから移動することができます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

以上、ビタミンB1が多く含まれる食品と食事摂取基準、欠乏と過剰摂取でした。

メニュー