(8) 863 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/31 19:18 ID:7oXE13Ge
特殊相対論を用いて電磁気学を述べている本ってありませんか?
太田浩一著のMaxwell理論の基礎は持っているんですが納得できない点があって。


(8) 870 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/01/02 00:14 ID:???
>>863
何が納得出来ないんだ?


(9) 661 :Air4th ◆xWn.OsrdWE :04/03/24 15:45 ID:DIxj3wiK
電磁気学の仕上げなら、ジャクソンよりパノフスキーのほうを薦めるけどな~
あるいは太田さんの。

(9) 662 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/03/24 19:26 ID:???
>>661
Panofskyは原書でないと味が(ry
太田さんのは趣味なんでまとまりが(ry

ま、どの本にも欠点はあるんだけどね。

(9) 667 :Air4th ◆xWn.OsrdWE :04/03/24 23:58 ID:TNi+oYcX
>>662
それを言い出したら、吉岡の訳本はほとんど味が・・・
太田さんのはかなりマニアックだね。でもジャクソン読むより楽しいでしょ。
電磁気極めるのもいいけど、量子のマニアックなのないかな~
ペレスとかアイシャムとか読んだことないんだけど、どうなんだろ?

(9) 670 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/03/25 10:18 ID:???
>>667
Schrodinger Operators, With Applications to Quantum Mechanics and Global Geometry(Springer)
はどーでしょー? 数学よりだけど結構、楽しめた。


(10) 215 :ご冗談でしょう?名無しさん :04/04/25 16:00 ID:NvZ6oVOX
電磁気は太田さんの丸善のやつが最強だ。
あとは[「The Classical Theory of Fields」 + 「Electrodynamics of Continuous Media」だ!


(11) 305 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/06/23 21:58 ID:???
>>300
力学の巻だけ読んだけど、肌に合わなかったので…
>>304
むしろ好きです、砂川スタイルは。ただ、ちょっと古いかなとか思って。
その辺はどうですか?
でもやっぱジャクソンじゃ厚すぎるかな、とも思うし。

(11) 306 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/06/23 22:22 ID:???
>>305
ランダウはどうだ? エレガントでいいよ。 
理論電磁気~だと3ページぐらいの計算が半ページで済んだりしてるけど。

あと最近のだけど太田さんの奴もいいと思う。 話題豊富。
但しどちらも計算の丁寧さとかは砂川の方が上。

(11) 307 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/06/23 22:34 ID:???
>>306
砂川は、丁寧というと聞こえがいいけど、はっきり言って泥臭くて、センスのかけらもない。
物理のセンスを磨くのには、ランダウとかファインマンとかをすすめる。


(11) 321 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/06/24 03:04 ID:???
>>306
ランダウさんのは今、力学を読んでます。いずれは電磁気(場の古典論)も読みたいんですが、今は数学力が足りないもので…;

>>307
それ、本気で言ってるの?

>>310
そうですか。少し安心(?)しました。

(11) 557 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/07/04 20:43 ID:???
そこで太田浩一の電磁気学ですよ。

理論の奴じゃないと意味ないっぽいが。


(12) 623 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/08/28 22:27 ID:???
>>604
こいつも理科大らしいが。

146 :143 :04/06/27 21:17 ID:HJPtZrNn
なんか反応がうすくて燃えないな。おれは性格ゆがんでるんで、、、
高校全般通して暇があればファインマンの力学、電磁気。
1年の頃には主には、力学は岩波の物理入門コースの力学と物理のための数学読んでた。
んで2年から3年の夏くらいにかけて裳華房の原島の力学、電磁気は丸善の太田浩一読んで
夏くらいから、ランダウ力学、そして背伸びして量子力学もやってた。
理科大には推薦できました、しかも父の知り合いの教授じきじきの推薦。
早慶も推薦とれたのですが遊んでる人が多そうという僕の勝手な理由でやめてもらいました。
学部のうちは大学なんてどこでもいいし、受験勉強するだけ時間の無駄と父から言われてたんで。
一応父は旧帝の理学部教授。院では最低東大京大、がんばってカリフォルニア工科大学通称カルテクいけといわれてます。

理科大理学部物理学科1年らしいがネタじゃなかったらどう思う?

(12) 624 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/08/28 22:43 ID:???
>>623
理論ではそんな奴大して珍しくない。

(12) 627 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/08/28 23:10 ID:???
>>623
ファインマンくらいなら別に俺ん時も読んでたし
あれはどっちかと言えば読み物に傾いてるから大丈夫。
ランダウは凄いな。まぁ理論なら結構いるんだろうけど。

(12) 636 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/08/29 15:15 ID:???
>>623
ちょっとかわいそうな気がするな。
まず、優秀な同級生がいる大学に行った方が絶対に良い。
それに、早い時期に読むほど理解が深くなるわけではない。
さらに、高校時代を、背伸びした物理の勉強に費やしてしまったのでは、他の分野の勉強がおろそかになるから、視野が狭くなる。物理で挫折したらどうするんだろう?


(12) 856 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/09/05 21:21 ID:???
電磁気学の参考書を買いたいんですが、岩波の
基礎シリーズよりも骨があって、砂川さんの理論電磁気学よりも
骨のないやつでいいのがありませんか?

(12) 866 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/09/06 04:12 ID:???
>>856
ランダウは普通にムズイと思うが・・・
砂川の電磁気学がいいんじゃない?
他には、太田浩一の電磁気学とか、
戸田盛和の電磁気学30講とかもいい。


(15) 297 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/12/17 22:18:53 ID:???
とりあえず読んでないのはいいから一言ずつ感想を。
他色々あるだろうから追加よろ。

☆力学☆
ゴールドシュタイン:
ランダウ:
ファインマン:
☆熱力学☆
三宅:
フェルミ:
プリゴジン:
ファインマン:
☆電磁気学☆
電気学会:
太田:
ランダウ:
ジャクソン:
ファインマン:
☆量子力学☆
桜井:
朝永:
猪木:
メシア:
ランダウ:
ディラック:
ボーム:
アイシャム:
ファインマン:
☆物性☆
キッテル:
アシュクロフト:

(15) 302 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/12/18 02:06:14 ID:???
>>297
物性は有って、統計力学はスルーですかそうですか。


(16) 79 :ご冗談でしょう?名無しさん:05/01/31 22:41:44 ID:???
電磁気の教科書を探してるんですけど、
理論的にしっかりしていて、電磁気に必要な事項が網羅されている本ってどれでしょう?
やはり最初に砂川(岩波)をよむべきでしょうか?テンプレの本はシュウィンガー以外見たのですが、
オルソンが図が多く理解しやすそうでした。逆に太田は半ば電磁気関連の科学史のような気がしました。

(16) 80 :ご冗談でしょう?名無しさん:05/01/31 22:57:21 ID:smurptS/
>>79
便乗質問ですが、
オルソンって、式の展開とか追うのが結構難しそうなのですが、
実際のところどうでしょうか?
あと翻訳の質についても感想を御願いします。
(原書は、もう手に入らないみたいですね。)

(16) 81 :ご冗談でしょう?名無しさん:05/01/31 23:23:47 ID:???
>>79
ジャクソン:
決定版。
第3版が出ているので、そちらを買うように。

砂川物理テキストシリーズ:
俺が大学1年の電磁気学の授業の指定テキストだった加藤正昭の教科書より良い本だと思った。
シリーズ5巻の演習書と併用するとよい。
理論電磁気学は静電磁場や準定常電流(具体的な問題)がやや物足りないので、こちらで補うのも良いかも。

砂川理論電磁気学:
電磁気学の理論的な構成がしっかり整理されている。
一冊を通して、ウィンドウズのエクスプローラーのようなツリー型の構成になっている。
式変形の省略がないため、入門書を卒業したての中級者に読みやすい。
ただし、物理的な説明はやや手薄。
特殊相対論の説明はわかりやすかった(理論的な統一性の効用か?)。

太田:
砂川理論電磁気学とは逆に、整然とした統一性よりも個々の現象の理解を深めるというスタイル。
個人的には、バーガー・オルソンを高度かつマニアックにした感じの本に思えた。
猪木の量子力学のようなテキスト(いかにも教科書的な教科書)の対極に位置する本といえよう。
物理的な展開は泥臭いが、数学的にはエレガントさを追求している。
使われている数学の水準は砂川より高い。
理論電磁気学と違い、マクスウェル方程式導入以前の内容も詳しい。

バーガー・オルソン:
面白い本だが、砂川や太田と比べたら内容が少ない。
個人で買うより、図書館で借りて読むほうが良いと思う。
原著はミスばかりなので、この本に限っては原著よりも翻訳のほうが良い。



(16) 82 :80:05/02/01 00:02:23 ID:6b9nqqfu
>>81
詳しい解説、ありがとうございます。
大変参考になりました。
オルソンあるうちに買っとこうかと思いました。

(16) 84 :79:05/02/01 00:14:03 ID:???
>>81
詳しい説明ありがとうございます。
オルソンはぱっと見が他の本と違って面白そうだったのですが、やはり砂川or太田のがいいようですね。
内容量やわかりやすさなら太田が一番のような気がしたのですが、どうでしょう?
また、太田と砂川(理論)をやるなら砂川(テキストシリーズ)を先にやらないとキツイですか?



(16) 85 :ご冗談でしょう?名無しさん:05/02/01 00:27:19 ID:???
>>84
初等的な電磁気学の理解に自信がなければテキストシリーズを読んだほうがいいかも。
マクスウェル方程式以前の内容はテキストシリーズが一番良く書かれていると思う。
太田の第一巻は静電磁場・準定常電流の話は充実しているが、
決して初等的な内容ではないので注意(数学的にマニアックなのがその一因)。


(16) 253 :ご冗談でしょう?名無しさん:05/02/22 21:40:18 ID:???
電磁気ねぇ。
太田くらいの数学の水準で、砂川理論電磁気のように
明快な体系にまとめてくれた本があるといいんだが。

(16) 255 :ご冗談でしょう?名無しさん:05/02/23 11:59:08 ID:???
>>253
太田の数学は完全な趣味っつーかオナニーだからどうでもいいんだけど
太田並みの物理的豊富さを砂川並みに明快に体系化した本はあるといいな

(16) 353 :ご冗談でしょう?名無しさん:05/03/01 23:30:42 ID:dPd0aitJ
おもしろい物理の本ある?

(16) 354 :ご冗談でしょう?名無しさん:05/03/01 23:39:23 ID:???
>>353
太田さんの電磁気学シリーズ全3冊

(16) 541 :ご冗談でしょう?名無しさん:05/03/15 21:26:43 ID:???
電磁気はバークレー→太田→ジャクソンでいいよ

(16) 590 :ご冗談でしょう?名無しさん:05/03/19 00:21:33 ID:DywTb28r
工学部なんだけど突然電磁気学の勉強したくなっちゃったわけよ

で参考書見たんだけどどれがいいかな
難しくても工学部系のものなら何でもいいです

またたまにこのように物理の勉強を突然したくなったりするので
力学 熱力学 量子力学 についてもおすすめよろしく

教えてクレクレ君で申し訳ない 工学部行ってもやはり物理から離れたくないもんで

(16) 593 :ご冗談でしょう?名無しさん:05/03/19 01:53:28 ID:???
>>590
力学:ランダウ力学
電磁気:砂川テキストシリーズ→砂川理論電磁気or太田→ジャクソン
量子力学:なんか適当な入門書→猪木orサクライ
熱統計:久保の演習書


(16) 594 :ご冗談でしょう?名無しさん:05/03/19 05:57:19 ID:???
>>593
全然工学部系の本じゃなくない?

(16) 691 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/31(木) 02:00:49 ID:???
ジャクソンってSI表記?

(16) 694 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/31(木) 02:32:30 ID:???
それじゃあアメリカの学生に負けないために
学部の間に読んでおいたほうがいい教科書って何がありますか?


(16) 695 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/31(木) 03:11:22 ID:???
>>691
相対論導入まではSI、相対論導入後はCGS

>>694
太田さんの電磁気や久保統計

(16) 712 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/31(木) 22:30:12 ID:???
>>695
え?ジャクソン電磁気、途中から単位系が変わるの?変なの。

(16) 979 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/04/17(日) 12:12:26 ID:???
新学期につき1年生用ガイダンス

自分の経験を振り返って...

<総合>
ファインマン物理学・・・物理的なアイディア重視。
ランダウ理論学教程・・・力技でも解ききる。簡潔だが深い。

<力学>
まずは教科書をマスター。演習問題はそれからコツコツやろう。
それから
ゴールドシュタイン・・・解析力学の標準的な本。本文中の例題を追っていくとよい。
アーノルド・・・数学者の書いた本だが物理的な機知にも富む。読みきれば多様体の基礎もok。
山本・・・両者の真ん中ぐらいの程度。議論は丁寧でまとめ方もうまい。例を自分で解いてみると○。
あたりを夏にでも挑戦してみたらいいだろう。

<電磁気学>
電磁気に躓く学生は非常に多い。エッセンスを自分でノートにまとめてみると理解が進むかもしれない。
まずは
砂川(テキストシリーズ)・・・ポケットに入る丁寧な記述の入門書
で無理矢理でもいいから体得して
ジャクソン・・・辞書的。PDEや複素関数に関する扱いを知る必要あり。
シュウィンガー・・・前者より簡潔で読みやすい。
あたりで頭を働かせるとよいかもしれない。
太田はその後に応用として読むと興味深い。
(ランダウの場古典はテンソルに慣れるまでが大変だ。)

演習書はサイエンス(黄本)・大学演習・詳解のうち自分に合いそうなのを選ぼう。

最後の仕上げに対応する部分の院試を解いてみるとよい。自分の理解度が分かるはずだ。

(16) 981 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/04/17(日) 13:33:13 ID:Ig1lJhuo
>>979
明らかに多すぎ…。
とくにアーノルドは物理には必要ないと思うし。


(17) 31 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/04/18(月) 14:15:39 ID:???
「マクスウェル理論の基礎―相対論と電磁気学」太田 浩一(著)
は電磁場の量子化も扱っていてなかなか面白く参考になる本だね。
この本で勉強してる人いるんだろうか。あと、同じ著者による
丸善物理学基礎コースの電磁気学(1)(2)の方はどうだろう?

(17) 32 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/04/18(月) 14:51:12 ID:???
>>31
電磁気学を分かってる奴が読むのにはいい本

(17) 185 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/04/22(金) 13:31:49 ID:???
吉田武著
「ケプラー・天空の旋律 60小節の力学素描」
「マクスウェル・場と粒子の舞踏―60小節の電磁気学素描」

は字が小さくて読みにくいが入門レベルの副読本としていいと思う。安いし。
物理数学の指標にもなる。

(17) 186 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/04/22(金) 14:17:35 ID:???
>>185
ベクトル解析にいきなり計量テンソルを導入しだす
電磁気学の本は他に太田くらいしか知らんな。

(17) 807 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/17(火) 23:43:08 ID:CloayBfx
わざわざ太田の電磁気学に「初学者に向かない」とかいって一つ星つけてたり
やってることわけわかんね>千葉県

(17) 818 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/18(水) 00:28:05 ID:???
特に笑えるレビューを集めてみた(面倒なのでリンクのみ)

マクスウェル理論の基礎―相対論と電磁気学(太田)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/flex-sign-in/ref=cm_rate_rev_pagepos2/249-9814727-6609143#rated-review

大学演習 熱学・統計力学(久保)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4785380322/ref=lm_lb_3/249-9814727-6609143

場古典
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/448901161X/ref=lm_lb_11/249-9814727-6609143

ランダウ統計上巻

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000057200/qid=1116343430/sr=1-5/ref=sr_1_10_5/249-9814727-6609143

猪木上巻
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406153209X/ref=lm_lb_1/249-9814727-6609143

サクライ上巻
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/flex-sign-in/ref=cm_rate_rev_pagepos2/249-9814727-6609143#rated-review

キッテル上巻
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/flex-sign-in/ref=cm_rate_rev_pagepos3/249-9814727-6609143#rated-review

キッテル下巻
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/flex-sign-in/ref=cm_rate_rev_pagepos4/249-9814727-6609143#rated-review


(18) 844 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/07/07(木) 18:14:32 ID:???
×アマゾンでの太田氏の電磁気学(丸善)に対するすごいね
○アマゾンでの太田氏の電磁気学(丸善)に対する評価、すごいね


(19) 285 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/07/27(水) 22:21:04 ID:RQi6q0/M
更に、電磁気学なら
【大学1回生】
ファインマン物理学Ⅲ電磁気学 + 共立詳解電磁気学演習 + 講義ノート


【大学2回生→大学3回生の夏】
ファインマン物理学Ⅳ電磁波と物性 + 共立詳解電磁気学演習 + 場の古典論(ランダウ=リフシッツ)
+バーガーズ・オルソン 電磁気学(1)(2)+講義ノート

これが一番最短経路です。副読本では、太田浩一電磁気学(1)(2)、辞書では、ジャクソン 電磁気学、
演習では、共立に加え マグロウヒル大学演習・サイエンス演習。夏、1日1~2ページ読んで
1ヶ月で読みきれる 吉田武の電磁気学の本。

(19) 503 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/08/01(月) 04:37:23 ID:fKLGXWYK
力学でも演習本として言い本の一つとして、
藤原邦男「基礎物理学 物理学序説としての力学」東京大学出版会
が実地的な観点からよい本です。

電磁気学としては、
「ファインマン物理学Ⅲ 電磁気学」 岩波書店
「場の古典論 ランダウ=リフシッツ 理論物理学教程」 東京図書
「パノフスキィー・フィリップ 電磁気学 上下」 吉岡書店
「加藤正昭 演習 電磁気学」 サイエンス社
「電磁気学 Ⅰ・Ⅱ」太田浩一
「マグロウヒル大学演習 電磁気学」 オーム社
「詳解電磁気学演習」 共立


(20) 214 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/20(火) 10:34:03 ID:???
微分形式ってどういう本で学べば良いですか?

(20) 215 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/20(火) 10:51:53 ID:???
>>214
深谷「解析力学と微分形式」
山本・中村「解析力学Ⅰ」
和達「微分・位相幾何」
太田「電磁気学Ⅰ」
この辺から、自分に合ったのを選んでみては。

(20) 617 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/16(日) 16:48:21 ID:???
山本とか電磁気の太田とかは趣味本。
一通り勉強した院生や研究者が研究の気分転換に読むと面白いという本で、
学部生はこんなもん読んでる暇あったら他にやることがあるだろう、というのが正直な感想。

(20) 619 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/16(日) 17:20:26 ID:???
量子力学を学ぶための解析力学入門とか普通に良いんじゃないかな
ってか山本義隆って何のことだろ
朝倉書店から出てる緑の奴のことじゃないよね、
入門コースの次、ランダウの前に読む本、ってことだし

>電磁気の太田
丸善の二巻本のことだったら普通に教養の電磁気で指定教科書だったがw

(20) 624 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/16(日) 18:32:05 ID:???
>>619
まぁランダウの統計を平然と初学者に対して
参考書指定する教授もいるからなw

(20) 681 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/22(土) 19:58:16 ID:8Ua1kUKV
こちらで聞いてくれ、と言われたので教えて下さい。
電磁気学の勉強の順序としてはどのような感じが良いのでしょう?
今は、『電磁気学の考え方』を3回読んで、電磁気学演習(新訂版)をやってます。
ついでに、物理入門コース(10)をちらちら見てるのですが
電磁気学の参考書については、上の砂川氏の後は何が良いでしょう?
理論電磁気学やファインマンを考えてるのですが、他にもっと良いのが
あったら教えてください。

(20) 682 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/22(土) 23:18:45 ID:???
バークレー物理学コース2 電磁気 上、下 (パーセル) 丸善
電磁気学1・2 (太田浩一) 丸善
電磁気学を考える (今井功) サイエンス社
電磁気学 上・下 (ジャクソン) 吉岡書店
場の古典論 (ランダウ・リフシッツ) 東京図書

ファインマンも副読本としては良い

電磁力学 (牟田泰三) 岩波書店が良く纏まっているとの噂
しらんけど

(20) 683 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/22(土) 23:27:19 ID:???
バーガーオルソンが抜けてる上にレベルがバラバラ

(20) 685 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/23(日) 00:31:44 ID:3r+EnqWW
>>683
レベルが揃っている必要はない。
>>681
砂川⇒砂川の本で抜けている話題OR砂川と違う考え方やり方を理論電磁気学でやる
+ファインマンで同じ話題をどう砂川と違った形で展開しているか見ながら読む
+ファインマン物理Ⅲ電磁気学の巻末の問題を自力で解く(その為に詳解電磁気学
演習:共立なりをやって筋トレしておく)
⇒砂川さんの相対性理論の話題がある本か和田純夫さんの相対論的物理学のききどころ
を6割位やっておいて、場の古典論か太田さんの本かジャクソン;どれでも一興
OR吉田武の「マクスウェル・場と粒子の舞踏―60小節の電磁気学素描:共立出版」が
よく纏まっています。1日1~2章やれば、1ヶ月で仕上げられますし、バランスがいい。
演習は他の本で積まないといけませんが、バランスはいいでしょう。


(20) 876 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/11/05(土) 22:31:23 ID:???
一般的な本屋には余りないが、数理科学臨時別冊の
 「マクスウェル方程式」北野正雄
が結構面白い。少し高い水準の数学で手際よくまとめられている。

(20) 879 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/11/05(土) 23:58:58 ID:???
>>876
前半はテンソル解析を学ぶ本と化しているがw
砂川みたいな普通の電磁気の本に飽きたら
目先が変わっていい本だと思う。
太田は雑学が邪魔。

(20) 880 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/11/06(日) 19:48:22 ID:???
砂川嫌いって昔から一定勢力いるけど、俺にはあの人の本は凄く読みやすい。
行間が埋まってるから記述を丁寧に追っていけば少なくともその本に
書いてあることは割と簡単に理解できて頭に残る。

特に理論電磁気は、バーガーオルソンや並の和書より全然いいと思うがなぁ。
文章での説明が乏しいとか応用面の記述がほぼ皆無とか言われるけど、
どうせ一冊だけ読んで完璧ですなんてことはないし、
内容を削ってでも丁寧に書いてある本だと思えば問題ないでしょ。

太田は最近の本だけに内容の豊富さは文句なく素晴らしいと思うけど
何だか読みにくい。数学の複雑な公式を天下りであてはめてはい終わり、
みたいなところも多いし。辞書的になら使えるけど。


(21) 29 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/11/25(金) 18:36:54 ID:???
高2ですが物理が好きで、大学の物理とかも勉強してみたいです。
どんな本を読んだら良いでしょうか?

(21) 45 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/11/26(土) 09:30:35 ID:???
>>29
力学
ランダウ・リフシッツ「力学(理論物理学教程)」東京図書
後藤憲一「詳解 力学演習」共立出版
電磁気学
ランダウ・リフシッツ「場の古典論」東京図書
太田浩一「電磁気学Ⅰ・Ⅱ」丸善
後藤憲一「詳解 電磁気学演習」共立出版
熱・統計力学
ランダウ・リフシッツ「統計物理学 上・下」岩波書店
久保亮五「大学演習 熱学・統計力学」裳華房
量子力学
シッフ「量子力学 上・下」「量子力学演習-シッフの問題解説-」吉岡書店
解析
杉浦光夫「解析入門Ⅰ・Ⅱ」「解析演習」東京大学出版会
アールフォルス「複素解析」現代数学社
伊藤清三「ルベーグ積分入門」裳華房
ポントリャーギン「常微分方程式」共立出版
溝畑茂「偏微分方程式論」岩波書店
代数
佐武一郎「線型代数学」裳華房  齋藤正彦「線型代数演習」東京大学出版会
森田康夫「代数概論」裳華房
高木貞治「初等整数論講義」共立出版
幾何
松坂和夫「集合・位相入門」岩波書店
小林昭七「曲面と曲面の微分幾何」裳華房
松島与三「多様体入門」裳華房
加藤十吉「位相幾何学」裳華房
確率・統計
西尾真喜子「確率論」実教出版  東京大学出版会「統計学入門」「自然科学の統計学」
とりあえず大学入学までにこれぐらい読んでおけば大丈夫。

(21) 69 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/11/27(日) 04:40:02 ID:2y+FgbzK
>>45
20数年前から十数年前に大学生~ODだった者ですが、その頃のとほぼ同じ
ラインナップを挙げてますね。本当に、今もそういうラインナップなのでしょうか?
それとも年齢が近いから思わず挙げたものがそうであったとか...

(21) 160 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/12/07(水) 15:11:57 ID:???
参考書関係なのでこちらで

電磁気学の考え方で勉強したあとは
理論電磁気学とファインマンのどちらが良いですか?


(21) 164 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/12/07(水) 16:57:27 ID:???
>>160
理論電磁気学より太田の方がいいよ。

(21) 167 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/12/07(水) 19:28:45 ID:???
太田って電磁気学トピックスとか電磁気学の散歩道とか
改名すればいいのにw

(21) 352 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/01/08(日) 23:22:14 ID:???
太田の電磁気はみっちり書かれてるな

(21) 877 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/02/28(火) 15:33:46 ID:6isZ5icf
早慶受かって東工発表待ちの者ですが大学入るまでにやった方がいい参考書ってありますか?
数学か物理でお願いします


(21) 881 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/02/28(火) 19:04:04 ID:???
>>877
これ全部読んだら良いと思うよ。
ランダウ・リフシッツ「力学(理論物理学教程)」東京図書
後藤憲一「詳解 力学演習」共立出版
ランダウ・リフシッツ「場の古典論」東京図書
太田浩一「電磁気学Ⅰ・Ⅱ」丸善
後藤憲一「詳解 電磁気学演習」共立出版
ランダウ・リフシッツ「統計物理学 上・下」岩波書店
久保亮五「大学演習 熱学・統計力学」裳華房
シッフ「量子力学 上・下」「量子力学演習-シッフの問題解説-」吉岡書店
杉浦光夫「解析入門Ⅰ・Ⅱ」「解析演習」東京大学出版会
アールフォルス「複素解析」現代数学社
伊藤清三「ルベーグ積分入門」裳華房
ポントリャーギン「常微分方程式」共立出版
金子晃「偏微分方程式入門」東京大学出版会
佐武一郎「線型代数学」裳華房
齋藤正彦「線型代数演習」東京大学出版会
松坂和夫「代数系入門」岩波書店
高木貞治「初等整数論講義」共立出版
松坂和夫「集合・位相入門」岩波書店
小林昭七「曲面と曲面の微分幾何」裳華房
松島与三「多様体入門」裳華房
加藤十吉「位相幾何学」裳華房
西尾真喜子「確率論」実教出版
東京大学出版会「統計学入門」「自然科学の統計学」

(21) 927 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/01(水) 22:55:46 ID:???
>>881で1年生の教科書に指定されているのは
太田浩一「電磁気学Ⅰ」丸善
杉浦光夫「解析入門Ⅰ」東京大学出版会
佐武一郎「線型代数学」裳華房
くらい。
松坂和夫「集合・位相入門」岩波書店
をやるところもある。


(21) 928 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/01(水) 23:13:00 ID:???
>927
 1年で太田の電磁気IなんてところもあるのかOrz。。。
 1年の時の俺には太刀打できんよ、この本(;_;)。


(21) 929 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/01(水) 23:18:31 ID:???
>>927
どれも参考書として挙げられることは多くても1年生の教科書として授業がそれに沿って行われることは
相当稀じゃないかなあ。

斉藤線型くらいだと教科書としてもわりに使われていると思うけど。
いやまあ大学には一度しか入学したことないからあっちこっちの大学知ってる訳じゃないけど。

太田電磁気は2年次の教科書だった、私のうけたカリキュラムでは。

(21) 940 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/02(木) 00:41:33 ID:???
集合とか位相(トポロジー)なんて物理で使うかな
まあトポロジーは兎も角として選択公理とか基数なんて使わんだろ

1年で太田の電磁気学Iを教科書指定する先生は居たな
まあご本人だが

(21) 942 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/02(木) 09:27:53 ID:735Zzn5F
>>940
ワロタ

(21) 945 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/02(木) 16:09:34 ID:???
東大の場合

1年
杉浦光夫『解析入門Ⅰ』(東京大学出版会)
斎藤正彦『線型代数入門』(東京大学出版会)

2年の前期
杉浦光夫『解析入門II』(東京大学出版会)
稲見武夫『常微分方程式』(岩波書店)
斎藤正彦『線型代数入門』(東京大学出版会)

1年の前期
藤原邦男『物理学序論としての力学』(東京大学出版会)
フェルミ『フェルミ熱力学』(三省堂)

1年の後期
太田浩一『電磁気学1』(丸善)
吉岡大二郎『振動と波動』(東京大学出版会)


(21) 953 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/02(木) 18:53:15 ID:???
まとめると

1年
杉浦光夫『解析入門Ⅰ』(東京大学出版会)
斎藤正彦『線型代数入門』(東京大学出版会)

1年の前期
藤原邦男『物理学序論としての力学』(東京大学出版会)
フェルミ『フェルミ熱力学』(三省堂)

1年の後期
太田浩一『電磁気学1』(丸善)
吉岡大二郎『振動と波動』(東京大学出版会)

2年の前期
杉浦光夫『解析入門II』(東京大学出版会)
稲見武夫『常微分方程式』(岩波書店)
斎藤正彦『線型代数入門』(東京大学出版会)
ランダウ、リフシッツ『力学』(東京図書)



(22) 156 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/18(土) 10:32:41 ID:???
力学:ゴールドスタイン、ランダウ
電磁気:太田、ランダウ場の古典論、

(22) 157 :京大1回:2006/03/18(土) 10:49:58 ID:???
>>156
ありがとうございます。早速、書店で探してきます。

(22) 169 :論より証拠:2006/03/18(土) 13:22:32 ID:8eFf5cLA
東大理科Ⅰの場合

1年微分積分学
杉浦光夫『解析入門Ⅰ』(東京大学出版会)
又は上村・坪井『微分積分学』(開成出版)

1年線型代数学
斎藤正彦『線型代数入門』(東京大学出版会)
又は佐武一郎『線型代数学』(裳華房)

2年前期常微分方程式論
稲見武夫『常微分方程式』(岩波書店)

1年前期力学
藤原邦男『物理学序論としての力学』(東京大学出版会)
又は米谷民明『力学』(培風館)

1年後期電磁気学
太田浩一『電磁気学1』(丸善)
又は加藤正昭『電磁気学』(東京大学出版会)

1年前期熱力学
フェルミ『フェルミ熱力学』(三省堂)

1年後期振動・波動論
吉岡大二郎『振動と波動』(東京大学出版会)


(22) 193 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/19(日) 03:03:01 ID:JiRKurp4
添削!! ◎>○>●>△>▲>×

東大理科Ⅰの場合

1年微分積分学
杉浦光夫『解析入門Ⅰ』(東京大学出版会) ◎:折り合いつけて:時間対効果
又は上村・坪井『微分積分学』(開成出版) ▲:別の本でもいい

1年線型代数学
斎藤正彦『線型代数入門』(東京大学出版会) ◎:妥当:Jordann標準形の記述は別の本でもいい
又は佐武一郎『線型代数学』(裳華房) ◎:ある処が分かるとすっと自然に読めちゃう本

2年前期常微分方程式論
稲見武夫『常微分方程式』(岩波書店) ▲:別の本でもいい

1年前期力学
藤原邦男『物理学序論としての力学』(東京大学出版会) ▲:別の本でもいい
又は米谷民明『力学』(培風館) ▲:別の本でもいい

1年後期電磁気学
太田浩一『電磁気学1』(丸善) ○:別の本でもいい
又は加藤正昭『電磁気学』(東京大学出版会) ×:読まなくてもいい

1年前期熱力学
フェルミ『フェルミ熱力学』(三省堂) △:別の本でもいい

1年後期振動・波動論
吉岡大二郎『振動と波動』(東京大学出版会) ▲:別の本でもいい


(22) 447 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/32(土) 20:56:51 ID:???
太田電磁気1って絶版になったん?

(22) 470 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/04/05(水) 22:35:37 ID:FjSwUdON
再び話をぶった切ってスマンが…。

岩波テキストコース砂川電磁気学を1冊目に読んで半分くらい身に付いたと思うのですが、次に読む本を以下の中で迷ってます。アドバイス頂戴します。
理論電磁気、太田電磁気、ジャクソン電磁気など。


(24) 470 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/29(日) 22:01:42 ID:???
太田電磁気サイコーw

(24) 598 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/12(日) 18:07:01 ID:dNoLgwe7
砂川の理論電磁気学と太田の電磁気学はどっちが詳しく書いてる?

(24) 602 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/12(日) 19:24:51 ID:???
>>598

高度な上に細かいことも載ってるという点では、
太田をすすめます。

(24) 612 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/12(日) 21:55:15 ID:???
太田の電磁気が読める人は限られる。なんせ一般相対論なみの曲線座標のベクトル解析
やった後で極座標のラプラシアン出すような本だからな。


(24) 613 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/12(日) 22:06:33 ID:???
>>612
いまどきテンソル場での解析ぐらい常識だろ。いい教科書も多いし、問題なし。

(24) 614 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/12(日) 22:10:34 ID:???
>>612
「一般相対論なみの」ってところちゃんと読んでくれ。曲線座標のクリストッフェルとか
計算するんだよ。



(24) 616 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/12(日) 22:15:52 ID:???
あと、一般相対論なみなんてのは一例でしかなくて、他にも「ここまでマニアックにならんでも
電磁気の本書けるだろーに」ってところはたくさんある。>太田本


(24) 617 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/12(日) 22:16:24 ID:???
でもまぁ、ある程度勉強した後でならいい本だよ>太田電磁気


(24) 848 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/08(金) 02:00:17 ID:???
太田の電磁気おもしろいだお

(24) 849 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/08(金) 10:05:41 ID:Lmk+O77M
>>848
友達が難しすぎて読めないって言うから、1000円で買い取ってやったわwラッキーw

(24) 859 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/08(金) 16:28:18 ID:???
太田の電磁気売ってない
マクスウェル理論の基礎ってどう?



(25) 34 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/22(金) 16:09:36 ID:???
太田さんの電磁気売ってない……

(25) 35 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/22(金) 17:35:54 ID:???
>>34
ほんとだね
生協とかにならまだあるんじゃない?

(25) 40 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/22(金) 20:11:19 ID:???
でも東大の電磁気は太田だからまた刷るんでない?

(25) 307 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/18(木) 23:23:05 ID:???
今年京大理学部を受ける者です。将来は宇宙物理をやりたいと思っています。
なくならないうちに中古でもう大学の数学と物理の本を買っておきたいと思っているのですがどの本を読むべきでしょうか。
このスレを参考にして杉浦解析入門1と2、斎藤線形代数、ファインマンはすでに購入しました。
一回生のうちではこれで手いっぱいだと思っているのですがその先やるべきことを今のうちにぜひ教えていただきたいです。

(25) 313 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/19(金) 01:05:57 ID:???
同一乙

>>307
この先、もっていても損しない参考書は
力学:ランダウ、山本義隆、ゴールドシュタイン
電磁気学:理論電磁気学、太田電磁気学、ジャクソン
量子力学:朝永、サクライ、Cohen-Tannoudji
熱統計:大学演習、田崎、ライフ、ランダウ


(25) 571 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/18(日) 11:26:59 ID:???
電磁気はランダウと太田だけで十分?

(25) 777 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/06(火) 17:48:34 ID:nSCcuKG9
今大学物理学科1年(今春から2年)なのですが
恥ずかしながらこの一年間遊びすぎてしまって
2年からの授業についていけるか心配です。

まだ専門科目も少ないので、今から4月まで猛勉強すれば
ある程度は回りに追いつけると自負してるのですが
大学レベルの参考書と問題集で基礎から学べるものってなんでしょうか?
一年では力学Ⅰ(古典力学?)と電磁気学Ⅰっていう科目をやってました

(25) 778 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/06(火) 17:53:20 ID:???
>>777
力学
教科書・・・ゴールドスタイン
問題集・・・後藤 詳解演習力学演習
電磁気学
教科書・・・太田
問題集・・・後藤 詳解電磁気学演習

(25) 797 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/07(水) 16:51:26 ID:???
今年から医療系専門行くんだが、理系は全くしたことがないんだ。
だから、数学はまぁ単位の関係で本捲りはしたが、物理と化学にはノータッチなんだ。
で、学校の知り合いから物理の参考書使わないからと、【Σベスト 理解しやすい物理 I+II】貰って、これ使って
ほぼ独学状態で勉強してるんだが、他にいいの無いかな?

(25) 800 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/07(水) 18:02:48 ID:???
ファインマンくらいなら読めるんじゃないかなあ、
他の本もところどころ参照しながらなら。

というか生命系は普通は熱力学の勉強しといたほうが役に立つんじゃない?
それもどっちかというと化学系の。
放射線技師になる人とかだったらまた別だろうけど。

(25) 801 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/07(水) 18:15:36 ID:???
>>797
ランダウ「力学」「場の古典論」「統計物理学」
太田「電磁気学」
シッフ「量子力学」
とりあえずこれくらいやっておけば十分だよ。

(25) 802 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/07(水) 18:32:32 ID:jG3Trilj
高校物理は教科書と数研出版あたりから出ている薄い問題集をやって、
興味が出たら、岩波の入門コースで電磁気や力学やるよろし。
医療のどこに物理使うのか分からんが。

(25) 815 :>>797:2007/03/07(水) 20:16:10 ID:khdfPxWX
>>797
化学まで教えてくれてありがとうございます。

>>800
多分その内にすると思います。今はほんと、最初にも手間取ってかなり余裕ありませんが。

>>801
>太田「電磁気学」
これはすごく」助かりそうで助かります。

>>802
細かい事にも気を配ってくれて、本当に助かります。

ちなみに、普通の書店(紀ノ国屋とか)でもそういうの売ってますかね??


(25) 846 :>>797:2007/03/07(水) 21:37:50 ID:khdfPxWX
とりあえず、今までに俺に対して上がったのは
 物理
杉山忠雄「理論物理への道標」
小出昭一郎「物理学」裳華房
※ランダウ「力学」「場の古典論」「統計物理学」
※太田「電磁気学」
※シッフ「量子力学」
 化学
卜部吉庸 「化学Ⅰ・Ⅱの新研究」
 数学
矢野健太郎「科学技術者のための基礎数学」裳華房
※1線型代数入門
※2・3解析入門
※6微分方程式入門
※12の偏微分方程式入門
※14数学の基礎

こんなもんでしょか??

(25) 847 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/07(水) 21:39:12 ID:7jswdqEh
>>846
大丈夫です。解析入門には質問スレもあるのでわからなければ聞いてみるのもいいでしょう。

(25) 848 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/07(水) 21:44:33 ID:???
>>846
化学は新研究で足りないなら
コットン・ウィルキンソン「無機化学」
ウォーレン「有機化学」

(25) 859 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/03/08(木) 00:38:24 ID:???
>>802
ちょっと大きな病院だとPET(陽電子断層撮影)なんてのやってたりするよ。

結晶解析とか質量分析とかは生命系だけど医療とは言わないかな。

>>815
>太田「電磁気学」
これは要らない。つうか>>801はネタだと思う。

大型書店の紀伊国屋なら売ってるよ。


(27) 306 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/08/10(金) 00:57:01 ID:???
俺は電磁気と量子力学の復習でもしようかと思ってる。
太田のマクスウェル理論の本が気になるんだ。

(27) 778 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/10/12(金) 20:05:41 ID:???
太田の電磁気学の基礎もなw
最近は東大でもゆとりが流行ってるのか?

(27) 794 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/10/13(土) 02:04:13 ID:???
太田浩一,電磁気学の基礎1・2,シュプリンガージャパンって丸善から出てたやつの改訂版なのかな?


(27) 796 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/10/13(土) 09:42:28 ID:???
>>794
あれ、ページ数大したことないくせに厚すぎだろ。
どんな厚紙使ってんだよw

(27) 798 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/10/13(土) 11:19:47 ID:???
>>794
猪木川合は見たけど、そっちは見てないや。
最近発売?

丸善のと同じなら買う価値ないが、気になるな。

(27) 899 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/10/20(土) 01:39:45 ID:???
太田の電磁気学の基礎、
購入した人居ます?
アマゾンに19日と書いてあったので丸善行ったけど
入ってなかったよ。
いったい何時店頭に並ぶのかなぁー…

(27) 901 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/10/20(土) 08:01:35 ID:???
>>899
丸善の電磁気学持ってるから買ってないけど、立ち読みしてみたよ。
内容はほぼ同じで、若干細かいところが改訂されてる感じ。

(27) 902 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/10/20(土) 09:18:40 ID:D8Ddltk5
>>899
50Pほど増えたってかいってあった。
あと、肖像画も大幅に増えてる気がした。丸善の持ってるが、買いかえ予定です。

(27) 978 :NO-NAME:2007/10/27(土) 17:20:39 ID:cN7diPTB
太田浩一著「電磁気学の基礎I,II」はお買い得でしょうか?


(28) 18 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/10/31(水) 09:43:51 ID:???
太田浩一「電磁気学の基礎I、II」(シュプリンガー)見てきたが、版組みが良くない。
紙面いっぱいに字がばらけていてめりはりがなく、読みにくい。
改訂部分に関してはあきらめて、丸善から出た旧版を買うのも有力な選択肢だと思う。

(28) 23 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/10/31(水) 15:31:43 ID:???
現在絶版中の太田浩一「電磁気学I、II」(丸善)は改訂版が出るから買わない方がいいよ。

(28) 24 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/10/31(水) 15:44:36 ID:???
>>18
旧版の方が読みやすいの?
改訂部分の内容って大きい?

(28) 25 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/10/31(水) 16:28:15 ID:???
>>23
その改訂版がシュプリンガーのやつじゃないの?

>>24
旧版の方が字の配置がきれいだということ。
そういう細かいことは気にせず、読めりゃいいんだよという人には関係ない。
改訂内容についてはほとんど知らない。

(28) 26 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/10/31(水) 16:29:50 ID:???
>>18
たとえそうだとしても、あの目映いばかりの白い装張、シンプルなデザイン、
そして世界最王手の証のお馬さんマーク…

飾っておくには最高の逸材だと思うんだ( ´・ω・)

(28) 585 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/12/10(月) 07:47:14 ID:???
>電磁気学

○初心者 
砂田なら培風館のやつ
丸善のバークレーコース

○中上級
太田 最近改定版が出た
パノフスキー 吉岡書店

自分は砂田(紀伊国屋)読んだが
きちんと書いてあるが、そんなに良いと思えんかった。




(28) 586 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/12/10(月) 08:07:23 ID:???
太田電磁気は非常に良い本だが教科書ではない。
バークレー → 太田 は無理だと思う。

(28) 589 :585:2007/12/10(月) 10:42:14 ID:???
寝ぼけて間違った
砂田→砂川ね スマソ

>586
思いつく書名を出したんで、順番に学習しろって意味ではないっす。

電磁気は最初にMaxwell方程式を認めて いろんな性質を導くか、
種々の現象を帰納して Maxwell方程式にたどり着くか
好みがわかれるとこ。


(28) 622 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/12/16(日) 20:43:56 ID:???
>>586
洋書だが
Vanderlinde ; Classical Electromagnetic Theory

が勉強になった
著者の言うグリフィスとジャクソン・ランダウのギャップを埋めるという目的は達成されていると思う

(28) 823 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/01/18(金) 02:09:47 ID:???
太田さんの電磁気学の基礎ってどんな感じですか?
当方2回で物理学テキストシリーズの砂川さんの電磁気学は一応おえています

(28) 824 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/01/18(金) 05:30:12 ID:???
>>823
似たような質問すんな!

(28) 826 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/01/18(金) 10:55:39 ID:???
>>823
すごい


(29) 920 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/04/30(水) 21:44:02 ID:???
熱力学の基礎 清水
電磁気学の基礎 太田
振動と波動 吉岡

(29) 926 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/01(木) 20:40:24 ID:sX+funvI
>>920
図書館で2週間前にかりてきたんだけど、学部1~2年で、
清水明さんの「熱力学の基礎」を読む必要があるのかな?
って思いました。(ぼくは、4月から大学3年生の理物です。)
 電磁気は、基本書と演習書を分けて買ったり図書館から借りたり
するといいと思う。ぼくは、太田さんのその本は開いたことないけど、
あまり聞かない本だよね。もっとスタンダードでいい本あると思うよ。
 振動と波動は、みんなどの本あたりで勉強したのかな。僕は、複数
の本をつかいましたけど。
 熱力学については、田崎さんの有名な本よりも前に、久保の大学演習 熱学・統計力学
。あとは、冨田さんの講義ノートかな。あとは、図書館でfermiの熱力学(これはfermi自身
がいっていますが、fermiが学生時代に学んだ本の記述のfermi自身の
記憶にしたがってほぼ書かれているので、fermiの独創が入っている本で
はないそうです。)を図書館から借りて来てざっとよんだり、サイエンス社の
演習書をやったりとか。


(29) 927 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/01(木) 20:56:30 ID:???
太田:電磁気学の基礎ってテンプレの超既出参考書一覧にある
丸善の奴の実質改訂版みたいなもんなんだろ?
初学者に薦めるにはちょっと意地が悪い本だな

(29) 928 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/01(木) 21:08:58 ID:sX+funvI
>>927
そうとすれば、電磁気学を大学1年生や2年生が勉強するとなると、
どのような本がいいとおもう?複数おおっけーです。
また、実際のところ、自身がつかった電磁気学の本って、どのような
本ですか?複数おっけーです。

(29) 932 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/05/01(木) 21:47:40 ID:???
>>926
熱力学だけに、いったいどのくらいの時間をかけるつもりなんだw
他に勉強することがいっぱいあるだろ?
1~2冊で済ませるためには、清水や田崎がいいということだろ?
(他の本では、結局よくわからずに、後になってこれらの本を読むはめになる)


(30) 644 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/03(火) 08:16:46 ID:???
電磁気の簡単な本って、言われてみれば無いよなあ。
兵頭は簡単だけど、さすがに簡単すぎるし。

場古典が一番簡単とか思っちゃうのって俺だけ?小教程でもいいけど。
1年の時は太田で勉強させられたからしんどかった。

特殊相対論に限れば風間がいいと思う。
一般なら須藤。

(30) 696 :Air4th ◆xWn.OsrdWE :2008/06/04(水) 03:57:17 ID:QY7o6OXU
>>685
サンクス!
ランダウの力学は、教程の中では最も楽だとは思うけど、章末問題とか
かなり難しいな。。対称性と保存則の関係について読んだときはスゲーと思った。
最小作用の原理から定式化してあるのは場古典も同じだよね。。
挑戦してみようかどうしようか。。
相対論は単独で、と言っておきながらなんだけど、別に電磁気の本で解説されているのでも
しっかり書いていてくれれば良いかな。グリフィスにも相対論説明しているようだし
気になるなあ。理論電磁気学にも書いてはいるけど、どうもこの本は好きに
なれないんだよなぁ。

その勉強法は俺とほとんど同じかも。なかなか進まないけど、確実に理解するためには
自分で再構成出来るまで読み込むしか無いと思う。そして、理解できた部分までで
解ける問題を解いて力をつけていくって感じかな。

話は変わって申し訳ないけど、Shankarさらっと全体流し読みしてみたけど、
コイツは凄まじい!!ってくらいエレガントに書かれているよ。
流石comでパーフェクト★5は伊達じゃないと思った。
サクライの良くないところをスッキリさせて、内容も豊富。経路積分の定式化に
ついて何通りか書いているし、まず基本事項は網羅されているね。
清水量子の次にかなりオススメだよ。買って損は無いと思う。

(30) 700 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/04(水) 06:43:57 ID:???
電磁気と相対論については太田浩一が本書いてなかったっけ。

(30) 701 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/04(水) 09:03:26 ID:???
>>696
なっとくする相対性理論忘れてた。
著者がマトモだから内容もかなりマトモ。
これ1冊だけじゃ足りないけど、
常識捨てられなくて相対論理解できない人には副読本にかなりいいかも。
なっとくする電磁気学のほうはシリーズの他に違わず買う意義なし。

>>700
『マクスウェル理論の基礎』?
あれは『電磁気学の基礎』の続きって感じかな。
一般的に太田の本は初学者にはもったいないだろ。
俺も電磁気学の基礎の1巻を読むので精一杯。

『電磁気学の基礎』は著者曰く「研究者になっても使える本」だとか。

(30) 929 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/23(月) 19:20:56 ID:+PX0b+Ye
真空中のMaxwell方程式以降の電磁気学を学ぶのに適した教科書はないでしょうか。
例えば輻射や物質中の電磁場などです。
講義で、平川浩正『電気力学』培風館を教科書に指定されており、
図書館で見たところなかなかレベル的にもちょうどよさそうな感じでしたが、
残念ながら現在絶版です。
似たようなレベルでその範囲に触れている教科書があれば教えていただきたく思います。

(30) 941 :929:2008/06/23(月) 22:28:13 ID:???
皆さんありがとうございます。
パノフスキー&フィリップスはレベルが高いのですね。
太田はちらっと眺めただけですが、
読み物調で、1回勉強したあとに読むと面白いだろうなという印象を受けました。
砂川は読んでないのですが、ジャクソンほど網羅的でない感じで程よくまとまっているのでしょうか。

先ほど書店であさってきましたが、
今のところ岩波基礎物理の『物質中の電磁気学』を一読してから砂川ないしはジャクソンを読もうと思っています。

(30) 949 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/06/24(火) 23:53:12 ID:???
『物質中の電磁気学』もだめですね。
太田,あと,これがいい。
電磁気学(岩波講座現代物理学) 小谷正雄

売ってないけど。


(31) 531 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/09/05(金) 09:46:48 ID:???
このスレ大学生以外が多そうでちょっと戦々恐々としてるんだが
ヘボ学生からの質問ちょっといいかな、
電磁気ってMaxwell方程式理解したら終わり?
せいぜい特殊相対論へのつながりをみるくらい?
物理の他の分野に比べて突き詰めてやるほどの
深さがない雰囲気がするんだがこれは俺の猛烈な勘違い?

(31) 532 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/09/05(金) 12:00:13 ID:???
そういえばゴールドスタインの下巻はまだか


>>531
んなわけない
力学で運動方程式理解したら終わりって言ってるようなもの


古典電磁気でもあの分厚いジャクソン上下巻書ける内容がある
ジャクソンとか太田とかで次に進もう

(31) 533 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/09/05(金) 13:13:32 ID:???
電磁気学は古典力学とかと違って
現在最も精密な実験でも、実験結果と理論とのズレが確認されてないんだよね。

それを「突き詰めてやるほどの深さがない」と思いますか?

(31) 549 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/09/07(日) 08:03:05 ID:???
亀レスで申し訳ないであります
>>532
>ゴールドスタイン下巻
なんかよく聞くんですが、amozonのPOD版とかで今ある下巻は版が古いのですか?
いつかはやりたいと思うんですけど下巻がずっとhunter*hunter状態なら
思い切って原著のほうが良いですかねえ、、
Landauの力学と厚みの差がはんぱないんで今は別にLandauやっとけば
とりあえず力学はいいやって思ってるのですけどもどうでしょう
いつかは山本義隆とかArnoldとかだってやってみたいものですが
今は量子力学とか相対性理論とかの基礎すらふにゃふにゃなのを固めたいかなあと

>力学で運動方程式
うあーたしかに。
自分みたいな初学者はHamilton、Lagrange、HamiltonJacobiあたりを見ただけで力学オワター
と安心してしまったらなんかよーしパパ微分形式でやっちゃうぞーな本とかを見てびびったのなんの

(31) 550 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/09/07(日) 08:04:24 ID:???
>ジャクソン上下
はい、思いました、なんでこんな分厚い本あるんだろうと。
工学生向けの技術的な話がびっしり載ってるのかなあと思ったりもしましたすいません
太田!聞かない名前でした、指摘ありがとうございます
わーでもなんかヘボ学生にはレベルが高そうな雰囲気ですね
砂川の理論電磁気学がなんか有名らしいから
そろそろやるならそれかなくらいに漠然と考えているんです
ちょっと前に「やらないか」と友人を誘ったらcgsはだが断る的なこと言われて凹みました

>>533
量子電磁力学とかいうやつでしょうか、違ったらすみません
相対論や量子論を絡めると暴れ出しそうなイメージはあるんですけど
電磁気単体で暴君とは思えなかったのです
しかしなんか電磁気の教科書でもしたり顔で相対論や量子論が登場したりするみたいですね、、

(31) 553 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/09/07(日) 09:37:08 ID:???
>>550
特殊相対論は電磁気学の一部だよ。
特殊相対論の枠組みができてはじめて電磁気学は一貫性のある理論になった。

(31) 555 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/09/07(日) 09:54:28 ID:???
>>549-551
まあ力学はLandauでいいんじゃない?
終わったら気が向けばGoldsteinでもやっとけばいいかと

Hamilton系の性質を研究したいとか、古典摂動論についてもう少し詳しくやりたいなら、
Arnoldとか山本とかやればいいけど、まあそこまで行くと大概の人には趣味の領域
別に微分形式が分からなくても、まあ物理はできる
分かったら分かったで美しくていいけどね

>電磁気
工学的応用が載ってるといえば嘘ではない
応用といえばむしろ、特殊関数の技術的な話の多さなんかが印象に残ってるけど

いきなりJacksonとか太田も難しいし、砂川でもいいよ
でもあれってSIじゃなかったっけ?
俺もCGSは半端で嫌いなんだけど

量子論とか一般相対論はともかく、
特殊相対論によって古典電磁気学はようやく完成したわけだから、
特殊と古典電磁気の関係は切っても切れんわな

まとめノート、時間はかかるだろうけど俺はすごいいいと思うよ

(31) 561 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/09/07(日) 17:47:16 ID:???
>>558
>ローレンツ不変性
それって、マックスウェル方程式の性質で、
特殊相対論以前の事柄じゃないのかな?
ローレンツ不変性が光速度一定を意味することを
明らかにしたのがアインシュタインの天才じゃね?

(31) 562 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/09/07(日) 18:10:36 ID:???
>>561
 「マックスウェル方程式の不変性を追求していくと、ローレンツ変換が正しい座標変換だ
ということに気づいた」ってのがアインシュタインのえらいところ。光速度一定というのは
マックスウェル方程式の性質の中の一つにすぎない。
 たとえば太田の電磁気とか読むと「電磁気学を勉強すれば何度も相対論が発見できる」
とか書いてある。

(31) 565 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/09/07(日) 18:16:29 ID:???
>>562
>正しい座標変換
「正しい」の判断基準は?


(32) 297 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/12(水) 17:06:17 ID:kbbTQil/
1回生なんですけど入門コースの長岡先生の電磁気1・2読んだんですけど
次に読むとしたらググったりログ読んだら理論電磁気が良いらしいですが
太田先生の電磁気学の基礎が面白そうと個人的には思ってます
これより理論電磁気のほうが入門コースおわったばっかの素人にはいいですか?

(32) 299 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/12(水) 17:24:41 ID:???
>>297
Griffiths の Introduction to Electrodynamics
これの演習問題を眺めて解法が思い浮かぶようならおk。

とりあえず太田、砂川なんて高級なものは読まないでいい。


(33) 426 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/07(水) 22:10:06 ID:???
ネタで答えてんだろうけど
ほんとにわからないなら
太田さんの電磁気学とか、火星の夕焼けはなぜ青いとか読むといいよ

(33) 431 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/07(水) 23:25:15 ID:???
>>426
のはどう説明?

(33) 565 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/12(月) 13:52:57 ID:xPjwQKuy
電磁気学の基礎 I (太田浩一)とマキャベリの君主論を買ったんですが、どちらから読むべきでしょうか?

(33) 568 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/12(月) 14:29:06 ID:???
>>565
まずは君主論を熟読して対人コミュニケーションスキルを身に付けろ
君主論には対人関係の極意のすべてが詰まっている
これによって人脈を作りつつ、太田を読んで物理を身に付け、将来に備えろ

(33) 572 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/12(月) 18:55:14 ID:???
>>565
文系の本は一気に読める。数式のある本は時間がかかる、なので並行して読むのが良い。
ひとによっては物理の本一冊が終わらない人がいっぱいいるよ。

(33) 599 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/16(金) 15:23:17 ID:???
院試用の電磁気の参考書を探しています。
どうせなら長く使えるほうがいいんですが、砂川だとどうにも内容が物足りないしジャクソンは読める気がしません。
何か丁度良い本ないですかねぇ

(33) 602 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/16(金) 16:17:09 ID:gJJ59Ure
ベクトル解析の定番の本があったら教えてください。

(33) 605 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/16(金) 18:23:35 ID:???
>>599
砂川だと物足りないのなら、もうジャクソンか太田くらいしかないと思うけど
あとランダウか、場古典はともかく電気力学は「狂気の書」だが

>>602
定番は聞いたことないなあ、適当な物理数学の本か電磁気の本で十分じゃない?
ベクトル解析で評判いいのは清水勇二あたりかなあ

(33) 613 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/16(金) 23:20:48 ID:???
>>605
やっぱその辺しかないですよねぇ。
仕方ない、参考書は砂川で我慢するか

(33) 669 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/18(日) 12:26:55 ID:???
物理入門コース相当を終わらしたら次は基礎物理学コースから選ぶというのじゃだめ?
個人的に色々好みはあるんだけど、結局どれを使っても大して結果は変わらんのじゃないかと。

(33) 670 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/18(日) 15:16:09 ID:???
>>669
悪くはないんじゃないかな
基礎物理シリーズは外れがないように個人的には思う
特に連続体、物質の電磁気、統計、非平衡統計、相対論あたりは評価の高い部類に入るのではないかと

ただ、大当たりもないという印象がある
連続体、物質の電磁気、非平衡統計は日本語で類書がないし、
相対論も日本語の相対論の書物としては優良だが(これと須藤が並ぶくらいか)、
それ以外、例えば力学ならランダウやゴールドスタイン
電磁気も砂川、太田、ジャクソン、ランダウあたり
量子は清水、猪木・河合、サクライ
物質の量子は猪木・河合、キッテル、アシュクロフト・マーミン
統計は田崎(というか熱力学がシリーズにないのが大いに不満)
と、ほかに良書が多いので、
基礎物理を読むレベルなら無理して基礎物理から選ぶ必要もないと思う

(33) 678 :669:2009/01/18(日) 18:26:44 ID:???
>>670
丁寧なまとめありがとう。役に立つよ。


(35) 82 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/27(水) 00:31:14 ID:???
10代で読んでいないと恥ずかしい必読書

ニュートン『プリンシピア』 マッハ『マッハ力学 』 ホイッテーカー『解析力学』 ヤンマー『力の概念』『空間の概念』『質量の概念』
ゾンマーフェルト『理論物理学講座』『原子構造とスペクトル線』 パウリ『パウリ物理学講座』『相対性理論』『量子力学の一般原理』
ワイル『空間・時間・物質』 グリーン『ハイゼンベルク形式による量子力学』 ワトソン、ヌッタール『量子力学における三体問題』
ランダウ『力学』『場の古典論』 ランダウ&リフシッツ『理論物理学教程』 ゴールドスタイン『古典力学』 ハイネ『量子力学と群論』 
フント『量子論の歴史』 ヘンリー、ティーリング『初等場の量子論』 ローレンツ『ローレンツ電子論』 ヤーノシー『物理的相対性理論』 
ウェーバー『一般相対論と重力波』 ボルン『アインシュタインの相対性理論』 エルパン『磁性の理論』 ロンドン『超流体』 
ボーア、モッテルソン『原子核構造』 アルヴェーン、フェルトハマー『宇宙電気力学』 ファインマン『量子力学と経路積分』 
山本義隆『解析力学』 フェッター&ワレッカ 『多体系の量子論』 パール&ヤング『原子・分子の密度汎関数法』 
アーノルド『古典力学の数学的方法』 カンパニエーツ 『理論物理学講義』 クーラン&ヒルベルト『数理物理学の方法』 
スタンリー『相転移と臨界現象』  アブリコソフ&ゴリコフ&ジャロジンスキー『統計物理学における場の量子論の方法』
シュポルスキー『原子物理学』 メシア『量子力学』 ラム『流体力学』 ボゴリューボフ『場の量子論の数学的方法』 ブルバキ『数学原論』 
ファン・デル・ヴェルデン『現代代数学』 コルモゴロフ『確率論の基礎概念』 メラー『相対性理論』 ディラック『一般相対性理論』 
朝永振一郎『量子力学12』 アルティン『ガロア理論入門』 シッフ『量子力学』 サクライ『現代の量子力学』 ノイマン『量子力学の数学的基礎』 
砂川重信:『理論電磁気学』 太田浩二『電磁気学』 ジャクソン『電磁気学』 フリューゲ『テンソル解析と連続体力学』

(35) 86 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/27(水) 16:12:55 ID:???
>>82
そもそも半分くらい、今の時代に読む必要性を全く感じない駄目リストだな
せいぜい20点。 最初から作り直せ

(35) 88 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/27(水) 18:59:58 ID:bmsTV9Yo
>>82
>山本義隆『解析力学』

山本はオマケだと何度言ったらわかるんだ


(35) 91 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/27(水) 21:14:37 ID:j+3Zg4Ja
>>82
おれが大学に入ったときは、3冊程度だったな。
学部進学のとき10冊かな。回りはもっと凄いのがいたな。

(35) 132 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/12(金) 21:01:27 ID:mN0n/tRs
2回生です
入門コースの電磁気1と2をやりました。この次のレベルとしてちょうどよいものを探してます
図書館で立ち読みした感じでは岩波基礎物理シリーズの電磁気学とかがそうなのかなと思うんですけど
他になにかおすすめないでしょうか?

(35) 136 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/12(金) 22:00:49 ID:???
>>132
俺は基礎物理(川村)は悪くないと思う
平川の『電磁力学』は良著なのだが、いかんせん絶版なのがもったいない
多分図書館にあると思うけどね
同じ培風館から代わりにと言っては何だが最近出版された、岡の『電磁場の古典論』もよい
あるいは、少しレベルは上がるがランダウ小教程の『力学・場の理論』もコンパクトでよいだろう

この類だと砂川を薦める人もいるが、決して悪くはないがもっとよい本は他にある
砂川は少なくとも網羅的なので、ケチって物質中も全部一冊で済ませたいなら悪くはないが
太田は網羅的でかつ真空中に関しては良書だが、初学者には向かないだろう

媒質中の電磁気学なら、和書だと基礎物理(中川)くらいしか選択肢はないと思う

(35) 137 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/12(金) 22:48:50 ID:???
>>136
平川の『電磁力学』は漏れも好きだが、入門コースの電磁気1と2やっただけの人が読むには歯応えありすぎて
挫折すると予想する

砂川は漏れは悪くないと思う
面白みのない本なので途中で退屈になるかもしれないが

ランダウ小教程は恥ずかしながら見たこと無いが、
教程の「場の古典論」は(たとえ読むとしても)もっと他の本を読んで実力をつけてからの方がいいでしょう

(35) 138 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/12(金) 22:54:43 ID:mN0n/tRs
>>133
何かあります?wktk
>>134
ネットでみれますかね?
>>135
はしょりすぎはきついですねえ
Griffithsをぐぐってみましたが定評があるようですね
洋書って高いなとびっくりしましたが・・そのぶん丁寧だったりするんでしょうか
とりあえず実物探して見てみようとおもいます
電磁波の物理はこれも探してた類まんまなんで気になります。見てみます ありがとうございます!
>>136
しっくりくるかはそれぞれだと思うんで基礎物理もとりあえず借りてみます
電磁場の古典論は生協で見つけて、お!って思ったんですけど、薄いから、なんか簡潔すぎて難しそう
と思って印象だけで敬遠してました・・もっかい見てみます
媒質ちゅ

(35) 139 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/12(金) 22:56:51 ID:???
>>136-137
ここで出てきた砂川は電磁気学?理論電磁気学?

(35) 141 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/12(金) 23:01:28 ID:???
電磁気マニアが多いな

(35) 143 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/12(金) 23:38:25 ID:???
>>139
>>136では理論電磁気学のつもりで書いた
というか、電磁気学の続論的な講義だと、大抵教科書は砂川(理論電磁気学)、川村、平川、最近だと岡くらいに絞られると思うんだよね

>>141
電磁気マニアというか、電磁気の教科書はどれも決め手に欠けるから色々見てみたくなるというか
「電磁気マニア」の称号がふさわしいのは太田浩一だろうけどw
ある程度網羅的、適当にお茶を濁した記述がない、初学者にも読みやすいと3点揃った教科書って、特に電磁気に関してはなかなかないんだよね

(35) 148 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/13(土) 01:37:10 ID:???
電磁気ならファインマンも悪くないぞよ。
ランダウ小教程も、試験対策でなくてじっくり読みたいなら悪くない。
でも電磁気の勉強にそんなに凝る必要あるかな。
場の量子論とか固体物理とか量子光学とかに進んでから
理解の足りない部分を補っていけばよいのでは。

(35) 150 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/13(土) 10:49:36 ID:???
媒質の電磁気ならランダウもいいと思うが。

(35) 151 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/13(土) 13:16:39 ID:???
>>148
まあ、確かにそこまで凝っても実際に研究で使うのかって問題はあるけど、
でも量子力学だったら水素原子解かないと量子力学学んだうちに入らないっていうような風潮あるじゃん、やっぱ
一応そういうレベルの話をしてるつもり(だから太田なんかはそのレベルから飛び出ると思うけど)

やっぱり、真空中だと電磁場のエネルギー・運動量テンソルとか、輻射とか、特殊相対論とか、
媒質中だと巨視的Maxwell方程式の導出とか、局所電場とか、誘電関数とか
その辺までのレベルは物理学で学位とるなら教養として持っててほしいなってのはある

>>150
まあ確かにそうだけど、難しすぎる(と清水さんも言ってる)しねえ
いかんせん媒質中の電磁気は良著に欠けるのが現状

(35) 153 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/13(土) 21:33:05 ID:ZGwNh+bC
>>151 ランダウが抜群だよ。最初の静電場の記述がマニアックすぎるから
そこで挫折する人が多いけど、そこを無視したら難易度はそれほどでもない。
記述は一番良い、というかそれ以外にまともな本を知らない。

(35) 922 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/10(木) 00:32:46 ID:???
今度理論電磁気学を買いにいきますお

(35) 923 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/10(木) 01:16:16 ID:???
本日山内一般力学届きました。
これで古典力学はゴールドスタイン、ランダウとそろいました。
個人的には、最も突き放される感じがするランダウが一番好きです。
もっと突き放される力学の本ってありますか(物理の人が書いた本で)

>>922
個人的には大田or平川がおすすめです。
もちろんランダウも



(35) 924 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/10(木) 11:13:18 ID:???
WhittakerのAnalytical Dynamics

(35) 925 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/10(木) 17:54:43 ID:???
>>922
理論電磁気学はやめておいた方が…
見通しが悪いし、物理的な考察にかけるし、古臭い
そのレベルでは太田がピカ一だよ
思い切ってジャクソンを買うっていうのもありだが

(35) 927 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/10(木) 20:14:35 ID:???
太田ってトリビア的なことが多くない?
それが無駄だとは言わないけど
無くても電磁気学の体系の理解にはそう問題が無いと思う。

(35) 928 :923:2009/09/10(木) 21:39:38 ID:???
>>922
私のおすすめは電磁気じゃなくて
太田 マクスウェル理論の基礎
平川 電気力学
です。念のため。
電磁気一通りやった事無ければ理論電磁気学の方がいいです。
太田と平川の電磁気は読んだこと無いので何とも。

>>924
ども。私はへたれなので日本語がいいです。何かないですか。

(35) 935 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/10(木) 23:43:21 ID:???
理論電磁気学よりグリフィスを読むのが良いです。
そのあとランダウ、ジャクソンへつなげるのが王道です。

(35) 936 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/11(金) 04:06:43 ID:???
>>928
> >>924
> ども。私はへたれなので日本語がいいです。何かないですか。

924が挙げてるWhittakerのAnalytical Dynamicsは、昔は日本語訳が講談社から出てたのになあ。

  E.T.ホイッテーカー 著、多田政忠、藪下信 訳 『解析力学』(上、下) 講談社 (1977, 1979) 

10年ほど前に2冊揃って状態の良いのを郊外の駅前の小さな古本屋で見つけた時は「えっこんなの売ってるの」と思って即座に買ってしまった。

講談社も東京図書に負けず劣らず、物理の名著の訳を大量に出して全てを絶版か品切れで放置してるのは許せないな。
スマン、参考書中毒スレ風になってしまった。

(35) 940 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/12(土) 13:53:53 ID:???
>935
今更だが…最初にグリフィスはわかるがその後にランダウ、ジャクソンなんて今やかなりマイナーだろ
そんなに電磁気に時間かけられるほど暇な奴がいるんだろうか…ジャクソン読むなら一冊目から格闘してくぐらいの覚悟が必要な気がする(あれは辞書だろう
今なら日本語でも太田があるし、無理してジャクソンなんぞに行く必要性は感じないな
砂川やバーガーオルソンあたり読んどけば十分な気もする

(35) 941 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/12(土) 14:28:03 ID:YGhoiRRw
>>940 アメリカ人は皆、ジャクソンを持っていて、問題を解かされているよ。


(38) 240 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/10/18(月) 13:37:00 ID:???
太田の電磁気学1って素人でも読めますか?

(38) 246 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/10/18(月) 20:29:22 ID:???
太田先生の本は他のやさしい電磁気学の本を通読してから
読んだ方がスムースに読めると思う

(38) 256 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/10/18(月) 23:22:08 ID:EFd5m0S9
太田の電磁気は、読み物みたいな感じが強い。



電磁気を一通り勉強してから読むといい。


電磁気既習者でない人が読むと、ごちゃごちゃしすぎてわけがわからなくなると思う。

(38) 385 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/10/29(金) 00:56:32 ID:???
太田
田崎
ランダウ力学

力学は日本人で揃えたいなら最後は山内恭彦とか
化学系なら何にせよ量子力学勉強する役に立つような本読まなきゃ損かも

(38) 392 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/10/29(金) 09:27:06 ID:???
>>385
太田の電磁気欲しいけど、ネットか図書館でしか見掛けない

(38) 394 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/10/29(金) 12:43:05 ID:???
太田電磁気って
丸善 電磁気学Ⅰ・Ⅱ(青い方)
と改訂版の
電磁気学の基礎Ⅰ・Ⅱ(白い方)
で中身は結構違ったりするのかな?

(38) 396 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/10/29(金) 12:52:13 ID:???
amazonの関連タグが酷いのは自分だけ? (太田電磁気

(38) 419 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/10/30(土) 15:14:33 ID:???
物質中なら太田「電磁気学の基礎」の記述が一番正確かつ本質的
砂川はうんこ

(38) 432 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/10/30(土) 22:26:09 ID:???
>>419
太田がまとも?んなわけないだろ。
典型的な素核の人間が書いた本で、物質はダメ。
もっとも、砂川よりはマシではあるけど。

(38) 761 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/01/08(土) 00:14:20 ID:???
電磁気は太田本で復習してるけどいろんなことが書いてあって結構面白い

(38) 859 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/01/30(日) 07:32:44 ID:???
特に太田の電磁気は旧版のほうがおすすめ

(38) 860 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/01/30(日) 08:55:09 ID:???
>>859
なぜ?

(38) 873 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/02/02(水) 04:51:17 ID:???
太田の旧版の話がてでるだと!!
あれがいいっておもうやつ自分のほかにもいたか!
あれこそいい電磁気の本だとおもうんだが。

(38) 883 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/02/02(水) 14:31:00 ID:???
理論電磁気学でいいんじゃね?
わざわざ太田さんの買わなくても

(38) 884 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/02/02(水) 21:27:58 ID:???
いや、太田さんの本は、内容的には、これまでの全ての日本語の教科書を上回る。
原典をきちんと調べて書いた歴史的記述の正確さは無論、電磁気学の体系についても、最も整理されている。


(40) 91 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/07/25(月) 19:16:47.59 ID:Ii5fTOZa
太田の電磁気も読みにくそう

(40) 94 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/07/25(月) 20:07:08.68 ID:xKmIUG+N
>>91
読みにくいよ。
勉強用というより読み物的な感じがある。
でも、他の電磁気学の本で扱ってないような事柄が多いから内容的には良いかと思う。

(40) 457 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/09/12(月) 00:34:23.41 ID:0TrOWtID
電磁気学はcgs-guass系の方が合理的。というのも相対論的不変性をちゃんと反映してるから。
SI単位系は電場と磁場を違う単位で表すというおかしな単位系。
Melvin Schwartzはcgs礼賛者でJacksonと電磁気の教科書はcgs系使うっていう協定を結んでいた?らしいけど、
Jacksonは裏切って3rd ed.でSIになってしまったというはなし。(ソースはたしか太田浩一の本)
俺が知る限りcgs-Gauss使ってる比較的新しい電磁気の教科書はGreinerのClassical Electrodynamics(http://www.amazon.co.jp/Classical-Electrodynamics-Theoretical-Physics/dp/038794799X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1315754666&sr=8-1)
cgsで最初から学びたいんならE.M.Purcellがおすすめ。

(40) 461 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/09/12(月) 09:35:40.97 ID:???
>>457
Jacksonと協定を結んでいた相手はPurcell。Jacksonの第3版の序文に書いてある。

(40) 686 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/10/21(金) 19:15:09.61 ID:pEwxtAok
電磁気の最強プランはどんな感じなの

(40) 687 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/10/21(金) 19:41:13.48 ID:???
>>686
入門レベルの本(Halliday & Resnick)→Griffiths この2冊で十分。
あとは中山正敏の物質の電磁気学で足りないところを補う。
凝るなら加えて太田の電磁気学の基礎、Feynman、Purcell、場の古典論などを読み、
棚にジャクソンを飾る。


(40) 688 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/10/21(金) 19:45:09.87 ID:???
>>687
飾るのはランダウだろうが

もっと早くにグリフィス知ってりゃ無駄な買い物せずに済んだのに…

ってか狂気の書って説明がやたら有難いけど、あの内容本当に載ってるの?
それなら買うんだけど


(41) 835 :ご冗談でしょう?名無しさん:2012/01/13(金) 00:52:02.45 ID:Nqgff+QA
太田浩一氏の
電磁気学の基礎Ⅰ・Ⅱ(シュプリンガー社)
ってもう絶版になっちゃった?
amazonに新品ないし新宿の書店も全部品切れになってる。

(41) 837 :ご冗談でしょう?名無しさん:2012/01/13(金) 01:13:20.58 ID:???
>>835
Springer Japanの本は軒並み品切れ状態。
撤退して事業を丸善に委譲するって話らしい。

だけど、そもそも太田本新版って、
丸善に太田がブチ切れて絶版にしてわざわざSpringerから出したんじゃなかったっけか。

>>836
まあ大体そんなところ。加えて教養ってのはある。
ただ、未だに古典論で研究してる人もそれなりにいるはずだが。特に統計とかは。

古典力学の摂動論なんかは、専門にする人以外やらなくてもいいかもね。


(41) 839 :ご冗談でしょう?名無しさん:2012/01/13(金) 02:30:29.37 ID:???
>>837
> >>835
> Springer Japanの本は軒並み品切れ状態。
> 撤退して事業を丸善に委譲するって話らしい。

という話だね。
ところがSpringer Japanも丸善も未だにその件を両社のHPで公表していない。(少なくとも火曜日の時点では)
更に、名古屋大学の生協書籍部が少し前にSpringer Japanの本を引き上げて
丸善から再刊される(1月下旬ごろ)という話をHPで告知していたのだけれど、
何故か名大生協のHPからその告知ページが削除されてしまっている。

「シュプリンガー ジャパン 引き上げ」でググれば、その名大生協の告知ページが
Googleのキャッシュには残っているから今ならば見られるが、何故、両社とも未だに公表しないのか?
1月下旬から丸善から再刊するというのならば、もう1週間前じゃないか。
それなのに両社とも出版物の移管を告知しないとは。
それにまた、何故、名大生協はせっかくの告知ページを削除したのか?
ついでに言えば、名大生協の告知ページには、丸善から再刊される予定のタイトルの一覧へのリンクもあった。
一体全体どうなってるんだ?


> だけど、そもそも太田本新版って、
> 丸善に太田がブチ切れて絶版にしてわざわざSpringerから出したんじゃなかったっけか。

太田のが新版はSpringerから出た理由はそういう丸善とのトラブルがあったのか?
どういうトラブルつうか太田は丸善のどういう点にブチ切れたの?
kwsk


(42) 61 :ご冗談でしょう?名無しさん:2012/01/29(日) 22:07:10.47 ID:???
太田浩一「電磁気学の基礎」ってどんなテキストですか?
電磁気学は砂川さんの本しか読んだことないです。

(42) 70 :ご冗談でしょう?名無しさん:2012/02/02(木) 03:31:50.29 ID:U3MLVhOD
>>61
今はどこにも売ってないけど3月中旬に
東大出版から新しいのが出るみたい。
http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-062613-2.html

(42) 71 :ご冗談でしょう?名無しさん:2012/02/02(木) 13:25:08.63 ID:???
太田電磁気は出版社がころころかわるな。

丸善→シュプリンガー→東大→?




(42) 628 :ご冗談でしょう?名無しさん:2012/04/15(日) 13:26:24.37 ID:???
太田の電磁気って今度は東大出版会になってんだな

(42) 940 :最大の生まれる:2012/06/05(火) 01:24:49.12 ID:???
電磁気だと、太田浩一の電磁気学の基礎と溝口正の電磁気学あたりが面白そうだったな。読んだ人いる?


(44) 437 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/04/11(木) 23:21:54.31 ID:???
東大出版会で出た太田の電磁気学の基礎I,IIってハードカバー?

(44) 438 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/04/12(金) 00:13:32.31 ID:???
>>436
期待するほど、といった感じだけど、あのへんに書いてあることに理学も工学もないんで、読んでみるだけ読んでみれば?

>>437
ハードカバーっスな。

電磁気学の基礎 - 太田浩一
http://www.amazon.co.jp/dp/4130626132
http://www.amazon.co.jp/dp/4130626140

(44) 624 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/06/16(日) 14:16:33.16 ID:???
いくつか細かいバージョン違いがあるけど、江沢洋の力学は高校物理との繋がりも良いし、静力学からちゃんと説明している点で良い本だと思う。
ただし内容が多いから半期の講義ではカバーしきれないし、自習するにしろ辞書的な使い方をすることになると思うけど。

似たような方向性の本は、太田浩一の電磁気学とかで、江沢の本の方が比較的、実用方面に重きを置いてて表現が端折り気味なところある。
江沢は普通のニュートン力学と別に、解析力学の本も書いてるから、余力があればセットで見比べながら読むのもアリ。

ただし江沢の本は基本的に、内容的には文句ないのだけど (紙数の割に噛み砕いていろいろ書いてある)、
重点するところと流して書くところとがハッキリ分かれていて、かなり個性の出た文章構成になっているから、
読む人によっては、癖が強すぎて読みづらいと感じるところがあるかもしれない。

(44) 828 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:xO30MIYe
太田浩一 『電磁気学 (丸善物理学基礎コース)』
くらいのレベル・内容の、現在も出版されている和書はありますか?

(44) 829 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:???
>太田浩一 『電磁気学 (丸善物理学基礎コース)』
実はこれ、内容が間違ってるんじゃないかと思う点があるんだが、
お手紙書いたら太田先生教えてくださるかしらん?もしかして旅行で
お忙しいから迷惑かなあ。

(44) 830 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:???
>>829
ttp://uni.2ch.net/test/read.cgi/sci/1287229125/
あたりに報告をば

(44) 832 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:???
>>828
自己レス
同じ著者の『電磁気学の基礎』(東大出版)がそれと同じ内容でした


(45) 34 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/09/27(金) 08:27:57.04 ID:vF4A9+XW
>>28
ポルちんの訳書とか、中原もstringの本と言って言えないこともないと思う

(45) 35 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/09/27(金) 11:42:14.97 ID:vF4A9+XW
>>34
太田信義を忘れていた。
電磁気の太田浩一のイメージが強いから。
その他は岩波の物理学の世界に何かあったような。

(45) 265 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/10/26(土) 03:45:25.08 ID:???
>>263
ありがとうございます。
しっかり電磁気学とそれに必要な数学を勉強したいのですが、おすすめの本はありますか?
正直、理論電磁気学にはこだわっていません。

(45) 266 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/10/26(土) 03:51:38.39 ID:???
>>265
じっくりやるなら俺は
太田『電磁気学の基礎I/II』
がいいと思う
かなりの話題をカバーしてるしありがちな誤解も指摘してくれる

(45) 267 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/10/26(土) 04:03:09.80 ID:???
>>266
どーもです!
大学の図書館で探してみます。


(46) 36 :ご冗談でしょう?名無しさん:2014/02/27(木) 16:20:28.50 ID:???
理論電磁気学より太田「電磁気学の基礎」の方が数倍良い

(46) 43 :ご冗談でしょう?名無しさん:2014/02/27(木) 18:36:19.77 ID:???
Griffithの本は、演習問題の解答がネット上に置いてあったりするので独習には向いてる
一方、読んでおもしろいのは太田浩一 『電磁気学の基礎Ⅰ、Ⅱ』
ただし、太田の方は演習問題が一切無いので注意

(46) 284 :ご冗談でしょう?名無しさん:2014/04/26(土) 10:45:51.95 ID:Ey/neQ1u
ランダウとかファインマン物理学って今でも本当に読んでる人いるのかな?
古いし、読みにくいし、なんであんなもの重宝するか理解できんわw
現在のベストはこれで決まり。

解析力学・・・畑浩之「解析力学」
電磁気学・・・太田浩一「電磁気学の基礎」
熱力学・統計力学・・・田崎晴明「熱力学」「統計力学」
量子力学・・・Weinberg「Lectures on Quantum Mechanics」
量子情報・・・マーミン「量子コンピュータ科学の基礎」

(46) 285 :ご冗談でしょう?名無しさん:2014/04/26(土) 11:02:49.12 ID:???
>>284
「重宝する」の意味を調べなさい


(47) 700 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/01/05(月) 22:37:15.58 ID:???
基本的な電磁気学は、大学1,2年で指定されてる

物理入門コース 電磁気学I, II 長岡洋介

みたいな感じの教科書で全く問題無いと思う。
発展的な内容を勉強したいととなれば選択肢は次の3つぐらいか

理論電磁気学 砂川重信
電磁気学の基礎1,2 太田浩一
場の古典論 ランダウ, リフシッツ

(47) 711 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/01/06(火) 17:38:46.26 ID:???
そうだね
700 が大学新入生にすすめているのは、物理入門コースの方だからね

>>700
> 基本的な電磁気学は、大学1,2年で指定されてる
> 物理入門コース 電磁気学I, II 長岡洋介
> みたいな感じの教科書で全く問題無いと思う。

このスレは、ランダウに過剰反応する人間が多すぎるんじゃないの?
ランダウ コンプレックス?

というわけで、ピチカートファイブの曲
オードリー・ヘップバーン コンプレックス をこのスレに捧げる
https://www.youtube.com/watch?v=B1k6J6U-RTo


(48) 900 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/03/11(水) 20:24:19.22 ID:???
>>899
内容見た?どうなの?
分かっている人には啓蒙書っぽい感じになるんじゃない?

(48) 901 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/03/11(水) 20:26:54.43 ID:???
>>900
同じ太田でも相対論や電磁気学をテーマに書いた本のマニアックさが無い。

(48) 909 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/03/11(水) 21:54:56.67 ID:???
>>901
なるほど。

>>906
階数が上がれば実感が伴わなくなるけど理解はできるでしょ。
実際必要になって成分をゴリゴリ計算すると楽しいよ。後で自分の書いた式を読む気にはならないが。


(49) 347 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/05/01(金) 17:06:32.68 ID:???
電磁気や連続体で原著論文意識した教科書ってないですか?
分かりやすく書いているやつや現代的なのはよく見るんですが

(49) 349 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/05/01(金) 21:05:00.74 ID:???
>>347
電磁気なら太田電磁気学の基礎が該当しない?

(49) 352 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/05/01(金) 22:49:11.99 ID:???
>>349
すみません
中をちゃんと見たことありませんでした
見てみます
連続体は原著がもっと古いから難しいのかな

(49) 444 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/05/05(火) 21:16:42.26 ID:???
太田は趣味用の本かな
参考書としてはいいかもしれないけど、教科書には向いてないと思う
でも、砂川以外だと中級者以上を対象とした本はあんまりないね(自分は砂川で勉強した)

入門用なら
物理入門コース 電磁気学1・2 長岡洋介

英語圏で有名な教科書なら
"Introduction to Electrodynamics" David J. Griffiths
http://www.ifm.umich.mx/~villasen/ELECTRO/Electrodynamics/Griffiths_Electro.pdf

(49) 448 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/05/05(火) 21:54:41.18 ID:xp5U/VnL
>>444
あとGriffithsの場合、テキストに収録された豊富な演習問題の解答集が
ネット上から入手できるというのも自習の助けになる

Griffiths E&M Instructor's Solutions manual
http://www.rpgroup.caltech.edu/~natsirt/stuff/Griffiths%20E&M%20Solns.pdf
>>445
もちろん、ランダウの場古典も外せない
https://archive.org/details/TheClassicalTheoryOfFields
ジャクソンの電磁気もインターネットアーカイブで無料公開されている
https://archive.org/details/ClassicalElectrodynamics

もちろん、物理のフリーテキスト資源では日本もがんばっている
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1138702

(49) 451 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/05/05(火) 22:41:41.57 ID:???
>444
>http://www.ifm.umich.mx/~villasen/ELECTRO/Electrodynamics/Griffiths_Electro.pdf

これは著作権的に大丈夫か?

(49) 466 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/05/06(水) 10:44:54.83 ID:L3aI15QL
紆余曲折を経た電磁気学の研究の歴史がわかるという面では、自分も太田が好き
一冊だけ電磁気の本を選ぶとしたら、やはりグリフィス(3版)を推薦するけど

(49) 744 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/06/01(月) 02:23:41.29 ID:???
【力学】
ゴールドスタイン、ランダウリフシッツ、ファインマン
【電磁気学】
兵頭俊夫、太田浩一、ジャクソン、ランダウリフシッツ、ファインマン
【熱力学】
フェルミ、アトキンス、ファインマン、プリゴジン
【振動波動】
和田純生、ファインマン
【光】
Born and Wolf、霜田光一、Meystre and Sargent、Yariv
【統計力学】
久保、Reichl、Goldenfeld、Stanley、Kadanoff
【流体力学】
巽、今井
【非平衡】
北原、プリゴジン
【個体】
キッテル、Ashcroft
【プラズマ】
Goldston and Rutherford


(51) 26 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/09/07(月) 20:45:16.23 ID:???
前の流れを汲んでの質問ですが
過去に偉大な理論を構築した人物たちが具体的にどのような実験の実験値をどのように解析していわゆる「公式」を作ったのかが
学部レベルで定量的に乗っている参考書があれば教えてください
将来的な研究をどのようにすればいいかが全く分からないのでこのような本があれば大きな手掛かりとなりそうなので助かるのですが

(51) 41 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/09/08(火) 03:58:43.98 ID:???
>>26
おそらく下のような細部の記述がまとめられた参考書が欲しいのだろうと思うけど、
日本語で入手できるのは、『アインシュタイン選集』や高林武彦『量子論の発展史』、
電磁気では太田浩一『電磁気学の基礎1,2』が歴史的背景についても比較的詳しい

量子力学であればメシアなど厚い教科書にも細かいことがけっこう記載されている
Doverの参考書にも英訳された論文集などが入っているので、そうしたものを探して
読むのも良いかもしれない

マイケルソン・モーリーの実験(1887年)
http://fnorio.com/0135Michelson_Morley_1887/Michelson_Morley_1887.html

(51) 42 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/09/08(火) 04:20:08.83 ID:???
>>41
話が中途半端になってしまったので追加すると、今はネットのおかげでかなり
古い論文が簡単に読めるようになった
大学で公開しているテキストであるとか、インターネットアーカイブみたいな
サイトにも様々な教科書や論文が登録されているので、そうしたものを当たって
みるという方法もあると思う

(51) 527 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/11/10(火) 22:30:45.92 ID:???
太田氏の著書って電磁気学の基礎1・2の方はわりと話題出てますが↓の方はどうですか?
マクスウェル理論の基礎―相対論と電磁気学

(51) 528 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/11/12(木) 17:26:01.44 ID:tiDu+irK
>>527
面白いよ。

(51) 811 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/11/30(月) 20:45:00.00 ID:???
場の量子論 (MaRu‐WaKaRiサイエンティフィックシリーズ)
立ち読みした感じあんまり難しくなく書いてあったからその内買おうと思ってる

後は太田の電磁気学の基礎2とか


(52) 614 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/02/11(木) 09:26:11.81 ID:???
ランダウの場古典は、自分が手にした本の多くで参考文献にあげられていたので購入。
相対論の本はほぼすべて、電磁気ではジャクソンや太田が場古典を参照または推奨
図書にあげている。

とりあえず、安かったのでゲットしておいたけど、ときどきパラパラながめる程度でまだ
通読はしていないものの、相対性原理と解析力学から電磁場の議論に入っていく展開
は、ほかの参考書とは逆コースをたどっており興味深い。
440ページあまりの本で、電磁気と光学と相対性理論をあつかうという圧縮ぶりも豪腕。
ランダウの場合、力学もそうなんだけど、とにかく最小作用の原理をくどいほど繰り返し
述べており、先生がそれを物理の最も重要な土台として考えていたことがわかる。

(52) 975 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/02/29(月) 15:10:10.63 ID:???
電磁気学を歴史的背景も含めて勉強できる本ありませんか
内容は多少高度になってもいいです

(52) 977 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/02/29(月) 17:37:30.24 ID:???
>>975
おなじく、太田浩一 『電磁気学の基礎』 (全2巻)
http://www.amazon.co.jp/dp/4130626132/

(52) 1000 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/03/02(水) 01:37:35.38 ID:???
ピケティはKindleの英訳版を700円で販売していた時にゲット

昨日は中古で購入した 『物理学序論としての力学』 が届いた
太田浩一の電磁気やこの力学みたいに、読み物的要素の強い参考書が自分は
好きなんだけど、東京大学出版会もこういう本出すの好きだよなぁ


(55) 975 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/08/25(金) 23:29:09.50 ID:IF29Tf5L
>>971
しょうじきすまんかった。もう止める。止めた。少なくとも俺は。

罪滅ぼしに訊くが、

丸善物理学基礎コース
電磁気学 I 
太田浩一 の電磁気学の奥付きに紹介してある「物理学基礎コース」シリーズって、

電磁気以外のを目撃したことないんだが、

ぶっちゃけ企画倒れの広告しただけの餅んなっっちゃったん?

(55) 976 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/08/26(土) 02:24:59.97 ID:???
>>975
今調べた限りではどうも「丸善物理学基礎コース」というシリーズはその太田さんの2冊しか出版されなかったみたいですね
丸善としては、物理学雑誌パリティに因んだ物理の教科書シリーズとして出していたかつてのパリティ教科書シリーズ等の
後継としての新しい物理教科書シリーズとして「丸善物理学基礎コース」を企画したんだと推測されます

ところが次に書くように、その新シリーズが太田さんの2冊の後の出版企画が具体化してシリーズ後続巻が出版される前に
この新シリーズのキックオフを飾った太田さんの電磁気学2巻が著者の太田さんから絶版させられてしまい、シリーズとして
スタート早々で頓挫したのだと思われます

丸善と太田さんとのトラブルによる絶版化(版権引き上げ?出版権の剥奪?)というのは、次のような内容です
(この辺の事情は太田さん御本人が電磁気学の序文かどこかで書いて)
そして、その太田さんの電磁気学全2巻も太田さんが丸善に大きな不満を感じて電磁気学は丸善からのを絶版にさせて
シュプリンガー東京から内容は変えずに(誤植とかは直したんでしょが)出版し直しました
ところがそのシュプリンガー東京の理工学和書出版事業全体が出版権と共に丸善出版に移管されて
太田さんとしてはやっと縁が切れたはずの丸善から再び自分の電磁気学が出されかねない事態となったので
シュプリンガー東京から出ていたのは丸善から継続出版させずに東京大学出版会から再び出し直したわけです

というわけで、新シリーズが早々に頓挫した丸善としては物理学の教科書シリーズはありませんでは困るので、
物理学の教科書に関しては、かつてのパリティ物理学教科書シリーズ(薄緑と白のカバー)で評判の良かった巻
(例えば並木さんの『解析力学』とか佐藤さんの『群と物理』など)を中心に最近になってB6版の新装丁で
次々に復刊しているのだと思われます


(56) 38 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/08/27(日) 14:01:50.05 ID:???.net
太田の電磁気を中古で購入しようと思っている人間には、丸善、シュプリンガー、東大出版
どれを買えばいいのか、いちおうの目安にはなる

前スレの976を読む限り、丸善の版は避けた方が良さそうだよね
ちなみに自分が持っている太田浩一 『電磁気学の基礎』 は東京大学出版から出ている本

(56) 40 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/08/27(日) 16:12:09.77 ID:???.net
>>38
前スレ975が中古を探しているという場合に備えてくれたわけか
前書きの内容に言及してるのにまだ持ってないと思ったんだね...

パリティの復刊云々はどういう想定だったかわかる?

(56) 54 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/08/27(日) 22:21:57.53 ID:???.net
>>40
> パリティの復刊云々はどういう想定だったかわかる?

976の発言元となる975を見れば、ふつうに分かることだと思うけど?

> 太田浩一の電磁気学の奥付きに紹介してある「物理学基礎コース」シリーズって、
> 電磁気以外のを目撃したことないんだが、
> ぶっちゃけ企画倒れの広告しただけの餅んなっっちゃったん?

上のように、質問は 「丸善物理学基礎コース」 は電磁気以外の本どうなってるの? というもの
だから、「物理学基礎コース」は頓挫したものの、丸善は「パリティ物理学教科書シリーズ」から
並木 『解析力学』、佐藤『群と物理』 など、評判の良かった本を復刊している

つまり、「物理学基礎コース」とは違うけど、興味があればそちらの本にも目を通してみればいい
という親切心で追加した情報ってことでしょう

気の利かない人間なら、質問に対して不十分な回答しかできないけど、976は気を回し十二分の
回答を寄せてくれたってことなんだよ

(56) 85 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/08/28(月) 23:42:30.33 ID:???.net
>>83
「側面」が大事なのですか?
何故主題に大事なことを書かないのでしょう
何故「改訂されてるよ」と一言で済ませないのでしょう

(56) 88 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/08/29(火) 00:31:38.40 ID:???.net
>>85
> 「側面」が大事なのですか?

私は知りたいと思っていたよ
なぜ太田浩一 『電磁気学入門』 は、丸善、シュプリンガー、東京大学出版会、
3つの出版社を渡り歩いてきたのか

あと、丸善の中古が安くなってるけど、これに手を出していいかどうかとかもね

(56) 89 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/08/29(火) 00:50:19.45 ID:???.net
>>88
何故そんな下らないことに興味があったのですか?
ID出ないと自演し放題でいいですね

(56) 94 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/08/29(火) 02:00:43.47 ID:???.net
長文が嫌いな人は、太田浩一 『電磁気学の基礎』 はやめておいた方がいい

本書の場合、本題とは直接関わりのない余談の部分が多い
しかし、それが実用一点張りの凡百の参考書とは異なる知の豊穣と味わいを醸しだしている

たとえば、本書冒頭部を引用すると次のとおり
物理の教科書であれば、最後の1行 「澄んだ海――」 から話を始めてもまったく問題はない
長文が苦手な人は、若山牧水の歌碑やフラ・アンジェリコの絵画の話で、頭が混乱するだろう

 
1.1 白鳥は哀しからずや

 三浦半島北下浦にあった長岡半太郎 (1865-1950) の別荘の前の海岸に歌碑が立っている.
「しら鳥はかなしからずやそらの青海のあをにもそまずたヾよふ」1907年,若山牧水の学生時代
の歌だ.美しい空の色は詩人の心を掻き乱す.

フラ・アンジェリコがフレスコ画に描いた清澄な青空を見て,この画僧の純朴な信仰心に感銘を
受けない人はいないだろう.アリストテレスは『天体論』で,土・水・空気・火の4元素に加え,
天空を満たす元素,青空を意味するエーテルを論じた.

『荘子』は「天の蒼蒼たるは其れ正色なるか」と疑問を呈している.
ラーマン(C.V.Raman,1888-1970)は1921年,地中海の深い青い色に感激し,その原因の研究を
思い立った.

 澄んだ海,晴れた空が青く,朝日や夕日が赤いのはなぜだろう.

(56) 110 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/08/30(水) 00:09:23.23 ID:UuHx3Uw1.net
>>94
実は本音をいうと、個人的にはアレの、フツーの=もっと教育的な…つか、

教科書してる=例題とか章末問題で読むものに考えさせる=のが欲しいなーっ
ってずっと思ってんすよね。
決してアレに欠陥がある、とか、存在価値がないとクレームつけてるうわけではありません。
アレは物理を楽しんで鑑賞するものだと思っています。

無いものネダリっすけどね。

(56) 135 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/08/31(木) 12:22:05.75 ID:???.net
長文好きの私としては、976による出版の裏事情の話はなかなか面白くためになった
「丸善物理学基礎コース」 の企画は、著者と出版社のトラブルで太田氏が自著を引きあげ絶版にして
しまったようだけど、代わりの著者も立てず続刊も刊行されずに終わったということは、企画自体初め
から無理があったのではないかと想像している
どうやら、もう丸善には自力でこうした物理本の新シリーズを出すほどの力はないのかも知れない

さらにいえば、シュプリンガーは日本から撤退するさい、出版事業部を丸善に譲渡し、Webサイトには
2012年から既刊を丸善から販売される旨が報告されていたものの、その話も立ち消え
復刊ドットコムでリクエストされているキャラハン 『時空の幾何学』 が復刊しないのもつくづく惜しい

一方、パリティ物理の復刊、並木 『解析力学』、佐藤 『群と物理』 は、そのうち中身を調べてみたい
復刊するほどの本なら、それなりに良書かも知れない

             *                               *

太田浩一 『電磁気学の基礎』 (東京大学出版会) は絶版を恐れとりあえず購入してあるけど、ざっと
全体に目を通してみただけで、まだじっくりとは読んでいない
976の発言を見て、手元の本を取り出しながめてみたところ、丸善の旧版からの改正は次の点らしい

○ 説明を丁寧にしたため,本文は50ページの増加.
○ 記号をより整合性のあるものにした.
○ 時空の計量を変更.
○ 物理学者の肖像画を大幅に増やし,より鮮明なものに変更した.
○ 数学に関する説明を本文から分離し巻末の付録にまとめた.

今回、私がこんなコメントをする気になったのも、976のような長文発言を支持しているから
長文嫌いのバッシングなどに萎縮せず、必要だと思うことは長文だろうが自信を持って発言しましょう
黙っていたら、こうしたかたちで誰かと関わることすらできないわけだからね

(56) 431 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/11/11(土) 10:39:28.83 ID:???.net
ゾンマーフェルトの理論物理学講座シリーズ
めっちゃおすすめ!

ノーベル賞受賞者を4人も輩出しただけあり、
説明も分かりやすく、含蓄に富んでいる。
他の本に書いていないようなこともさらっと
書いてある。
数式もバリバリ使うファインマン物理学って
いう感じ。
分厚いけど、式変形も丁寧で、ランダウとは
違ってすらすら読める。
歴史的な背景も含めていろんな視点から解説
していて、読んでてとっても楽しい本。

太田とか北野とか、現代的な電磁気の本を書
いている人も、名著として挙げているね。
個人的には、電磁気学、光学、熱力学・統計
力学が良かった。
絶版なのに、知名度が低いせいか、アマゾン
で比較的安く買えるのも素晴らしい。