(8) 957 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/01/19 23:15 ID:???
アーノルドの常微分方程式のような
力学系への応用を含んだ常微分方程式と相空間の
本で易しい本ありまつか?
おねがいしまつ


(9) 268 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/02/28 17:57 ID:???
解析力学を学んでいるものです。
岩波の入門コースを読んだのですが、量子力学へのつながりも見えてこず、
なんのための勉強か、うまくつかむ事が出来ずにいます。。
そこで、量子力学と関連をもってそうな、
「解析力学」久保謙一著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4785322055/qid=1077958356/br=3-27/br_lfncs_b_27/250-7342697-2197000

「量子力学を学ぶための解析力学入門」高橋康著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061532413/br_lfncs_b_1/250-7342697-2197000
のどちらで学ぼうか迷ってます。
何か助言をお願いします。。。


(9) 270 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/02/28 19:31 ID:eEvjnJrO
>>268
通はやっぱりこれ
アーノルド「古典力学の数学的方法」
これ

(9) 272 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/02/28 20:12 ID:???
>>270
意味ねぇw


(10) 201 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/04/24 17:26 ID:???
数学の素養がある程度(ベクトル解析や複素解析くらいまで)ある人に向いている古典力学(解析力学とか)の
本はありますか?
常微分方程式の本を読んでいて、バネが例に出されていて、「簡単に導けるように、、、」と書いてあった
のですが、物理はパッパラパーの自分にはどうやって導けるのかさっぱりだったので。

学生さんではなく社会人なので、厚すぎる本は勘弁です。
理論と例のバランスのとれた本をお願いします。

(10) 203 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/04/24 18:56 ID:???
>>201
ようするに数学的側面を大きく取り扱った本をお探しなのでしょう。
太くて古臭いかもしれんがアーノルドの古典力学の数学的方法はよい。


(10) 693 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/05/29 18:51 ID:???
数学専攻だが"古典力学の数学的方法"を読んだ。
(数学的な面はともかく)物理の知識が不足していることを実感。

(10) 694 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/05/29 20:20 ID:???
>>693
宇宙論やってると、物理で難しいのは数学じゃなくて物理だと言うのが良く分かる。
テンソル如きで難しいとか言っていたのが遠い過去のようだ・・・


(11) 746 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/07/10 22:05 ID:m+hFXOGr
山本、中村?(こっちが抜かされることがしばしばなのは何故?)
の解析力学は数学的にはびせきとせんけいだすうの知識だけで読めると書いてなかったっけ?
多様体の知識は最初のほうで十分に説明してあるようだし。
アーノルドの古典力学の~もそのくらいの知識しか仮定しないと書いてあったが。
こっちは山本と比較してどういうところが違うの?

(11) 747 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/07/10 22:15 ID:???
>>746
その手の「~しか仮定しない」と言う本は実際に「~しか」程度の実力しかないようだと厳しい場合が多い。
何でかっつーと、著者が実際には高いレベルの考察をしているケースが少なくないから。
つまり、「~の知識しか仮定しない」本と、「~の知識しか仮定しない」入門用の本とでは必ずしも一致しない。
山本の場合、直接多様体を知らないにしても、多様体程度の概念をを普通に使いこなせるぐらいの数学と物理の勘がある事が暗黙の了解。


(12) 505 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/08/11 22:42 ID:???
アーノルドの古典力学の数学的方法


(15) 84 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/12/08 12:40:55 ID:w9BXZJDa
ゴールドスタインは第2版を買うべきなのか?
吉岡書店のサイトを見ると日本語版は品切れっぽいが。
原書はもう3版しかないみたいだし

(15) 87 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/12/08 18:43:02 ID:???
>>84
仕方ないのでカオスの章はなかったものとして読んでいるよ。
演習問題は若干増えたけど大体は同じ。

ところでサブでアーノルドを使った。
おかげでハミルトン力学の構成が脳内ですっきりした。
多様体は理解するとかなり使えるね。


(16) 244 :ご冗談でしょう?名無しさん:05/02/21 16:18:39 ID:4qvF5Aj6
アーノルド Mathematical method of classical mechanicsと
山本義隆 解析力学ってどっちが難しいんだ?

(16) 250 :ご冗談でしょう?名無しさん:05/02/22 06:06:58 ID:???
>244
アーノルドは力学系といわれる数学の入門書と考えたほうが良く
勉強して物理として役立つかどうかはやや疑問。
山本・中村は物理学者なので、物理に役立つような視点で
数学を用いて現代的に記述している。
どちらも解析力学を題材に数学を勉強するような使い方も可能。


(16) 532 :ご冗談でしょう?名無しさん:05/03/15 14:08:11 ID:???
新入生用オススメ参考書セットといったら…
・「古典力学の…」、アーノルド、岩波書店
・「熱力学」、田崎晴明、培風館
・「電磁気学 上、下」、ジャクソン、吉岡書店

あたりかな…?


(16) 534 :ご冗談でしょう?名無しさん:05/03/15 19:57:55 ID:???
>>532

釣りとわかりつつワロタ



(16) 979 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/04/17(日) 12:12:26 ID:???
新学期につき1年生用ガイダンス

自分の経験を振り返って...

<総合>
ファインマン物理学・・・物理的なアイディア重視。
ランダウ理論学教程・・・力技でも解ききる。簡潔だが深い。

<力学>
まずは教科書をマスター。演習問題はそれからコツコツやろう。
それから
ゴールドシュタイン・・・解析力学の標準的な本。本文中の例題を追っていくとよい。
アーノルド・・・数学者の書いた本だが物理的な機知にも富む。読みきれば多様体の基礎もok。
山本・・・両者の真ん中ぐらいの程度。議論は丁寧でまとめ方もうまい。例を自分で解いてみると○。
あたりを夏にでも挑戦してみたらいいだろう。

<電磁気学>
電磁気に躓く学生は非常に多い。エッセンスを自分でノートにまとめてみると理解が進むかもしれない。
まずは
砂川(テキストシリーズ)・・・ポケットに入る丁寧な記述の入門書
で無理矢理でもいいから体得して
ジャクソン・・・辞書的。PDEや複素関数に関する扱いを知る必要あり。
シュウィンガー・・・前者より簡潔で読みやすい。
あたりで頭を働かせるとよいかもしれない。
太田はその後に応用として読むと興味深い。
(ランダウの場古典はテンソルに慣れるまでが大変だ。)

演習書はサイエンス(黄本)・大学演習・詳解のうち自分に合いそうなのを選ぼう。

最後の仕上げに対応する部分の院試を解いてみるとよい。自分の理解度が分かるはずだ。

(16) 981 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/04/17(日) 13:33:13 ID:Ig1lJhuo
>>979
明らかに多すぎ…。
とくにアーノルドは物理には必要ないと思うし。


(20) 803 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/30(日) 00:36:12 ID:EcZTV8ht
溝畑やるなら、アルフケンシリーズ、クーラン=ヒルベルト、寺沢寛一、クライツィグ、物理数学OnePointシリーズ、岩波の物理数学関連のホン、
新井朝雄さんのホン、 物理工学のための・・・(東海大学出版会)、コルモゴロフ=フォーミン、今村勤(物理と数学のシリーズ)、
Chun Wa Wong(物理数学入門)、常微分方程式、ポントリャ‐ギン、
常微分方程式、福原 満洲雄、 偏微分方程式、スタンリー ファーロウ、 、ワイル(群論のホン)、ウィグナー(群論のホン)、応用群論(犬井さん)、中原幹夫さんのホン、
アーノルドのホン、ジョージアイのホン、竹内外史のリー代数、佐藤光さんの群と物理、高橋康さんの物理数学ノート、スミルノフ、
「連続群論入門」、山内 恭彦、杉浦 光雄 、「連続群論 上・下」、ポントリャーギン、
「連続群とその表現」、島 和久 「古典型単純リー群」、横田 一郎、「多様体入門」、松島 与三、
「多様体」、村上 信吾 、「微分形式の理論」、フランダース、「微分形式による解析力学」 木村 利栄、菅野 礼司
線形代数と群の表現、平井武 、表現論入門セミナー―具体例から最先端にむかって 平井武 、群と表現、吉川圭二、
関数解析学の基礎・基本、樋口さんのホン、ヒルベルト空間と線型作用素、日合さんのホン、
群・環・体、リー代数入門、佐藤肇さん・・・・あたり。


(23) 739 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/08/14(月) 16:06:59 ID:???
上に同じく、深谷さんの解析力学と微分形式とかやってみれば?
アーノルドの前座にいいらしい。

(23) 964 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/01(日) 04:33:57 ID:5FYnVajz
>数学屋向けの解析力学と統計力学のテキストでいいのがあったら教えてください

解析力学
深谷 解析力学と微分形式
アーノルド 古典力学の数学的方法


(26) 626 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/23(水) 00:17:39 ID:oMEVTELU
[古典力学の数学的方法] 復刊決定!

(26) 628 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/23(水) 08:41:22 ID:???
>古典力学の数学的方法

念のため物理の本とはいえないだろう。力学系の本。
読むならGTMの方が新しい版でよい。英語だけど。

(26) 770 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/20(水) 21:19:20 ID:???
阿部氏は、専門が分配関数の計算方法だから、それ以外の部分の記述は良くない。
たとえば、統計力学の本でも、基礎の部分の記述は専門外なのでよろしくない。(計算方法の部分は結構良い。)
統計力学以外の分野の本となると、ますます怪しくなる。
もっとも、解析力学ぐらいなら誤りなく書けるかも知れないが。




(26) 775 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/06/21(木) 00:03:57 ID:???
>>770
解析力学を舐めたらあかんぜ。あのランダウも一部おかしなことを
言ってるとか(数学者V.I アーノルド談)


(28) 42 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/11/02(金) 04:31:09 ID:???
解析力学・統計力学あたりを初めて学ぶのにいい参考書ってないですかね?
素直に入門コースを読めとおっしゃる方も多いかもしれないですけど、私は懐疑的な性格でして、世界的に評価を受けてる参考書しか信用できないんです。
程度が高い本ではなくて、基礎的な、大学院入試レベルの知識を実に付けたいと思っています。

(28) 46 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/11/02(金) 07:44:51 ID:???
>>42
アーノルド「古典力学の数学的方法」なんかが基礎的でよろしい。

(28) 47 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/11/02(金) 07:49:55 ID:???
>アーノルド「古典力学の数学的方法」
初学者向けじゃないよ。

(28) 964 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/04(月) 23:05:06 ID:???
最初は、
    アーノルド「古典力学の数学的方法」
を読むといい。


(29) 222 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/21(木) 15:27:09 ID:???
そもそもニュートン力学の範囲を扱った教科書で名著なんてあるの?

(29) 226 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/21(木) 17:13:27 ID:???
>222
古典力学といえば
アーノルドは数学的視点からの力学として名著。
くれぐれも物理的視点では読まないほうが良いが。

(29) 637 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/03/15(土) 16:56:44 ID:???
微分形式による解析力学 木村・菅野
ってどうですか


(29) 638 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/03/15(土) 17:07:53 ID:???
>>637 普通の解析力学やってから読むのはいいけれどもそれを教科書として
読むのは不適。そしてどうせならアーノルドの「古典力学の数学的方法」の方が
よろしいかと。いずれを読むにしても、まずは物理学を学ぶならちゃんと演習問題
がそれなりの量載った教科書読んでから数学的構造を勉強した方が良い。

(29) 653 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/03/16(日) 09:42:21 ID:???
>>638
レスどうも。参考になりますた。


(31) 937 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/10/19(日) 00:36:47 ID:???
蟹江っていう数学の先生(力学のアーノルドの本を訳した人)は
集合や位相は「函数解析の基礎」 by Kolmogorov & Fominとか
「トポロジー入門」とかの最初の方の章で勉強すれば良いので
特に本を買う必要は無い、なんて書いてたりする。


(32) 229 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/08(土) 19:05:02 ID:???
解析力学やりたいならゴールドスタインの方がいいような気が
摂動論とかランダウには載ってないし

別に英語で読む必要もないと思うけどね
大学入試で鍛えた英語力あれば短い論文読むくらいなら余裕でしょ

原書のほうがいい理由としては、著者の意図を訳者が誤解してる可能性があること
その辺怪しいと思ったときに原書参照すればいいだけ
まあ、ランダウとかアーノルドだと無理だと思うけどw

(32) 243 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/09(日) 17:23:55 ID:???
>>229
摂動論は量子力学で学んだ方がよいです。
ゴールドスタインだと中途半端かと。

英語で読むなら、最近はゴールドスタインよりも現代的な解析力学の名著が出ています。
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/0521636361/
ゴールドスタインよりも安いし、こちらを読むことをお勧めします。


(33) 291 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/24(水) 11:06:58 ID:???
「古典力学の数学的方法」くらいは読んでおけよ・・・

(33) 297 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/24(水) 15:51:03 ID:???
>微分形式

深谷賢治の解析力学と微分形式
読めば十分。別にアーノルドやフランダースなんか読まんでいいだろ

数学として、幾何や力学系に興味があれば別だが。

(33) 298 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/12/24(水) 16:51:28 ID:???
アーノルドなんてもはや過去の遺物。
今は完璧に洗練された山本義隆の「解析力学」がある。
これを読めば十分。

(33) 641 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/01/17(土) 22:08:07 ID:???
ゴールドスタイン程度で力学の専門家かよw
アーノルドなら分かるが


(35) 82 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/27(水) 00:31:14 ID:???
10代で読んでいないと恥ずかしい必読書

ニュートン『プリンシピア』 マッハ『マッハ力学 』 ホイッテーカー『解析力学』 ヤンマー『力の概念』『空間の概念』『質量の概念』
ゾンマーフェルト『理論物理学講座』『原子構造とスペクトル線』 パウリ『パウリ物理学講座』『相対性理論』『量子力学の一般原理』
ワイル『空間・時間・物質』 グリーン『ハイゼンベルク形式による量子力学』 ワトソン、ヌッタール『量子力学における三体問題』
ランダウ『力学』『場の古典論』 ランダウ&リフシッツ『理論物理学教程』 ゴールドスタイン『古典力学』 ハイネ『量子力学と群論』 
フント『量子論の歴史』 ヘンリー、ティーリング『初等場の量子論』 ローレンツ『ローレンツ電子論』 ヤーノシー『物理的相対性理論』 
ウェーバー『一般相対論と重力波』 ボルン『アインシュタインの相対性理論』 エルパン『磁性の理論』 ロンドン『超流体』 
ボーア、モッテルソン『原子核構造』 アルヴェーン、フェルトハマー『宇宙電気力学』 ファインマン『量子力学と経路積分』 
山本義隆『解析力学』 フェッター&ワレッカ 『多体系の量子論』 パール&ヤング『原子・分子の密度汎関数法』 
アーノルド『古典力学の数学的方法』 カンパニエーツ 『理論物理学講義』 クーラン&ヒルベルト『数理物理学の方法』 
スタンリー『相転移と臨界現象』  アブリコソフ&ゴリコフ&ジャロジンスキー『統計物理学における場の量子論の方法』
シュポルスキー『原子物理学』 メシア『量子力学』 ラム『流体力学』 ボゴリューボフ『場の量子論の数学的方法』 ブルバキ『数学原論』 
ファン・デル・ヴェルデン『現代代数学』 コルモゴロフ『確率論の基礎概念』 メラー『相対性理論』 ディラック『一般相対性理論』 
朝永振一郎『量子力学12』 アルティン『ガロア理論入門』 シッフ『量子力学』 サクライ『現代の量子力学』 ノイマン『量子力学の数学的基礎』 
砂川重信:『理論電磁気学』 太田浩二『電磁気学』 ジャクソン『電磁気学』 フリューゲ『テンソル解析と連続体力学』

(35) 86 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/27(水) 16:12:55 ID:???
>>82
そもそも半分くらい、今の時代に読む必要性を全く感じない駄目リストだな
せいぜい20点。 最初から作り直せ

(35) 88 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/27(水) 18:59:58 ID:bmsTV9Yo
>>82
>山本義隆『解析力学』

山本はオマケだと何度言ったらわかるんだ


(35) 91 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/05/27(水) 21:14:37 ID:j+3Zg4Ja
>>82
おれが大学に入ったときは、3冊程度だったな。
学部進学のとき10冊かな。回りはもっと凄いのがいたな。

(35) 171 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/16(火) 19:41:48 ID:vY2s1FoT
アーノルド古典力学ってどうですか?
解析力学学べますか?

(35) 172 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/06/16(火) 19:58:12 ID:yo7sywVT
>>171 学べる。しかしランダウ程度で十分。力と暇が有り余っているか、
講義準備のために復習する必要に迫られたか、力学系の研究をしている
でないと必要性は感じない。まあ読んでみて判断したら。

(35) 913 :ご冗談でしょう?名無しさん:2009/09/08(火) 08:27:28 ID:???
皆さんご存知のように高校物理は何もやってないに等しい
数学屋がアーノルド(これはほぼ数学の本)読むとかいうノリならともかく
ニュートン力学とばして解析力学を物理として読むのは不可能(山本は物理の本)
数学の予備知識があれば読めばわかった気になるかも知れないが
そんな無駄な時間の使い方をするやつは才能ない


(36) 668 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/01/27(水) 18:59:27 ID:hvCiLkfp
アーノルド、古典力学の数学的方法。の第一部。


(38) 473 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/10/31(日) 19:19:27 ID:???
ゴールドスタイン
ランダウ
深谷
アーノルド
+
詳解演習

が力学上級者コース


(39) 463 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/05/18(水) 01:24:24.92 ID:???
清水本→田崎本→佐々本の順で難易度が下がる感じ。
ほかの熱力学の本を買うくらいなら上から辿っていって必要なところまで揃えたほうが有意義(演習本は別に必要だが)

(39) 465 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/05/18(水) 01:55:08.20 ID:???
アーノルドの古典力学の数学的方法ってどう?

(39) 468 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/05/18(水) 16:49:52.57 ID:???
>>465
おもんないつうかわかんない

(39) 472 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/05/18(水) 17:37:29.05 ID:???
>>470
久保亮の問題集

というか熱統計で「問題が解ける」ようになりたいなら多分アレしかない

(39) 515 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/05/22(日) 06:17:22.97 ID:???
>>472
なんか、ずーっと、院入試にも使われてる気が。w

>>463
清水、田崎の本には興味があるんだが、清水(量子力学・熱力学)、田崎(熱力学・統計力学)
佐々木の本ってどうなのかね?

清水、田崎両氏の本は、標準的な教科書ではないと思うんだが…。

>>465
アーノルドは古典力学内ではまるなら、良いとも思うけど俺は辞めた。
なら、ゴールドシュタインが良いんじゃないかと思うよ。
ゴールドシュタインは古典力学に戻るとき、よく参照した。

後、アーノルドでもゴールドシュタインでもないソ連の人が書いた
訳された古典力学の本があったのだけど…。
もう、完全に絶版だろうね、自分でも買ってなくて研究室のを見てたから。

(39) 517 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/05/23(月) 03:15:09.58 ID:???
>>515
> 後、アーノルドでもゴールドシュタインでもないソ連の人が書いた
> 訳された古典力学の本があったのだけど…。
> もう、完全に絶版だろうね、自分でも買ってなくて研究室のを見てたから。

ソ連の人の書いた古典力学の本の翻訳? 
著者は誰?
ひょっとしてランチョスの『解析力学と変分原理』のこと?
ランチョスはソ連じゃなくて元来はルーマニア人で最終的には西側に移って研究生活してたと思うけど
古典力学つうか解析力学で翻訳で絶版か品切れって
他にはみすずから訳が出てたテル・ハール(オランダ)か古典的名著(かつ難解)で有名なホイッテーカーぐらいしか思いつかない

(39) 555 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/05/31(火) 00:30:28.95 ID:???
>>515
田崎さんのは熱力学はともかく統計力学は標準的だと思う。基本的な考え方がしっかり書いてある

>>554
量子力学では原子物理の例が多かった。内容は可もなく不可もなくという感じ


BallentineかKonishiを読もうと思うんだけど後者を読んだことある人いる?




(40) 818 :ご冗談でしょう?名無しさん:2011/11/05(土) 01:13:50.03 ID:???
解析力学のおすすめを教えて下さい。(非物理系です)
原島読んだけど難しすぎました…

(40) 833 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/11/06(日) 03:03:08.55 ID:???
>>818
ランダウ
ゴールドスタイン
アーノルド
山本
ランチョス
ホイッタカー


以上を読破すれば,
非物理系の解析力学に進めるだろう・・・


(44) 498 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/04/21(日) 01:36:55.70 ID:???
有名どころをつらつら。ほとんど読んでない。

ワインバーグ, 場の量子論,
ボゴリューボフ, 場の量子論の数学的方法,
ホイーラー-マイスナー-ソーン,重力,
ディラック, 一般相対性理論, 量子力学,
ファインマン, 量子力学と経路積分,
マッハ, 力学,
ヘルツ, 力学原理,
アーノルド, 古典力学の数学的方法,
フェルミ, 熱力学,
ボルン-ウルフ, 光学の原理,
グロッソ-パラビチニ, 固体物理学,
S.チャンドラセカール, 液晶の物理学,
リュート, Solid surfaces, interfaces and thin films,
シュリーファー, 超電導の理論,
ティッセン, 計算機物理学,
Press-Vetterling-Teukolsky-Flannery, ニューメリカルレシピ・イン・C,
今井功, 流体力学(前編), 電磁気学を考える,
山本義隆, 物理入門,

(44) 501 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/04/21(日) 09:16:43.40 ID:???
>>498
さんくす

(44) 502 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/04/21(日) 11:52:53.62 ID:???
>>498

実験系ではない数学好きの物理屋?

院卒だと研究者の道から外れると、どうしようもない

(44) 515 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/04/26(金) 23:33:24.89 ID:???
>>498
いくらなんでも古すぎだろ
何歳なんだよ


(45) 534 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/12/04(水) 21:59:31.64 ID:???
ヒルベルト・クーラントとかアーノルド(Mathematical Methods of Classical Mechanics)とか、
ルジャンドル変換をまともに解説した本はそれなりにあると思うけど。

まさかルジャンドル変換みたいに18世紀解析力学者の名前を冠した数学的定理が
folkloreな訳ないし、かといって書籍ではなく論文誌にしか解説が無いとか、そんな訳も無い。

「ルジャンドル変換を付録においてまともに解説した熱力学の本は田崎の熱力学しか無い」
とか
「ルジャンドル変換をまともに解説した本は私の知る限り
(まあ、そもそも自分は物理数学の本なんて大して知らんのだが)田崎の熱力学しか無い」
と書くべきだと思う

(45) 535 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/12/04(水) 22:11:12.65 ID:???
>>534
だいたい>>507の引用が間違っているんだが
「熱力学の本の中で」ときちんと言っている

(45) 565 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/12/12(木) 23:21:40.05 ID:???
山本義隆みたいに数学的にガッチガチで尚且つ難易度的に程良いみたいな都合のいい解析力学の本ってないですよね?
それとは別にアーノルドやゴールドシュタインってどうなんですか?

(45) 567 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/12/12(木) 23:31:40.62 ID:???
>>565
その中だったらアーノルド読めばよし。

(45) 568 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/12/12(木) 23:42:06.66 ID:???
>>565
山本は物理屋だろが、数学ならこのシリーズ読めば
解析力学と微分形式 (現代数学への入門)

(45) 588 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/12/20(金) 00:39:02.00 ID:???
>>587
>>565 の解析力学の本を探している人だったら――
Cornelius Lanczos の The Variational Principles of Mechanics なんてどうかな?
http://www.amazon.co.jp/dp/0486650677/

あと、解析力学の基礎となる変分法の解説書はこちら
英語圏では、上の Lanczos と Fomin の本を一緒に購入してる人が多いみたい
S. V. Fomin の Calculus of Variations (レビューのついた米アマゾンをリンク)
http://www.amazon.com/dp/0486414485/

(45) 590 :ご冗談でしょう?名無しさん:2013/12/20(金) 12:48:18.16 ID:???
>>588
ありがとうございます。でも、変分法は山本さんの本の程度でお腹いっぱいです。

非正準ハミルトン力学についてちょっと知りたいのですが、唯一知ってるのは
Applications of Lie Groups to Differential Equationsで数学寄り過ぎかも。
ハミルトン形式をやりたいっていうのに、何言ってんだって思われちゃうかもですが。

>>565 さんは別人です。

>>589
どこかで聞いた噂を鵜呑みにしてました。面白そうだけど賛否両論のようなので。


(46) 290 :ご冗談でしょう?名無しさん:2014/04/26(土) 11:31:10.66 ID:Ey/neQ1u
建築で大事なのは、振動論とか剛体とかじゃね~のか。
それならランダウの力学がおすすめだなw

(46) 292 :ご冗談でしょう?名無しさん:2014/04/26(土) 13:15:27.69 ID:???
>>290
> 建築で大事なのは、振動論とか剛体とかじゃね~のか。
> それならランダウの力学がおすすめだなw

いやいや、建築ならば梁がたわんだときにどういう力がかかるかとかなんだから
ランダウみたいな抽象的な物理学の教科書は論外だよ。
やはり、書名もそのものズバリな次の2冊のどちらかが建築関係での力学の勉強をする上での必読書だな。

(1) マックス・プランク著(寺沢寛一、野田哲夫訳):『変形する物体の力学』、プランク理論物理学汎論 第二巻 (裳華房)
(2) アーノルド・ゾンマーフェルト著(島内輝、島内みどり訳):『変形体の力学』、ゾンマーフェルト理論物理学講座 第二巻 (講談社)

(46) 294 :ご冗談でしょう?名無しさん:2014/04/26(土) 13:42:51.87 ID:???
>>284>>287>>289>>290>>292
ありがとうございます。もともと力学は好きなので、多少の寄り道は多いに良いのですが、紹介された本を借りてみようと思います。

(46) 295 :ご冗談でしょう?名無しさん:2014/04/26(土) 16:23:03.73 ID:???
>>292
       ,.ィ
''==ァ-‐‐,'゙<l    _,,
`、:/::r'゙゙'_ェ'゙゙i、._ /ラノ   マタマタゴジョウダンヲ
,=キヅ `'ラ/ヾ/ (シフ
  ,ケ::   ',. /  ,:'゙


(48) 958 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/03/14(土) 03:28:21.36 ID:???
アーノルドのように数学的立場から古典力学を見た本って他にある?

(48) 963 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/03/14(土) 12:44:58.44 ID:ujnPgQea
>>958
ttp://www.amazon.co.jp/dp/0821844385/


(52) 18 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/12/29(火) 20:38:34.21 ID:???
 
Springerから無料ダウンロードできるテキスト その3

偏微分方程式
J David Logan "Applied Partial Differential Equations"  P.221
http://link.springer.com/book/10.1007/978-1-4419-8879-9

解析力学
V. I. Arnold "Mathematical Methods of Classical Mechanics"  P.530  御存知 アーノルド
http://link.springer.com/book/10.1007/978-1-4757-2063-1
Bruce van Brunt "The Calculus of Variations"  P.295  変分法
http://link.springer.com/book/10.1007/b97436

流体力学
Pieter Wesseling "Principles of Computational Fluid Dynamics"  P.651
http://link.springer.com/book/10.1007/978-3-642-05146-3
Joel H. Ferziger "Computational Methods for Fluid Dynamics"  P.431
http://link.springer.com/book/10.1007/978-3-642-56026-2
Joseph H. Spurk "Fluid Mechanics: Problems and Solutions"  P.621
http://link.springer.com/book/10.1007/978-3-642-58277-6

一般相対性理論
James J. Callahan "The Geomety of Spacetime"  P.474  時空の幾何学 (入門書)
http://link.springer.com/book/10.1007/978-1-4757-6736-0
Norbert Straumann "General Relativity With Applications to Astrophysics"  P.674
http://link.springer.com/book/10.1007/978-3-662-11827-6
Rainer Sachs "General Relativity for Mathematicians"  P.302
http://link.springer.com/book/10.1007/978-1-4612-9903-5

(52) 228 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/01/17(日) 14:18:19.30 ID:???
>>225
シンプレクティック幾何学による解析力学の本なら、先日のSpringer無料ダウンロードでも
>>18 にある V. I. Arnold "Mathematical Methods of Classical Mechanics" が入手できた

上の Arnold 本を入手していたなら、Spivak "Physics for Mathematicians, Mechanics"を
わざわざ新たに購入する必要はないんじゃないかな

(52) 274 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/01/24(日) 20:01:13.15 ID:???
『数学者が読んでいる本ってどんな本』 で、各執筆者が紹介している本と蔵書の一覧
http://www21.atwiki.jp/wikiwiki2/pages/311.html

ちょっと感想を書くと――
益川さんがアーノルド 『古典力学の数学的方法』 を紹介している点と、代数関連の蔵書が
多い点が興味深い。 (アーノルドの本は、先日のシュプリンガー祭りで自分もゲットした)

小谷元子さんの蔵書は、全体的に時空構造に関係する幾何学本が多いという印象

森重文さんも、松坂和夫 『集合・位相入門』 で勉強した?
あと、外村彰 『目で見る美しい量子力学』 を紹介。蔵書に小川洋子 『博士の愛した数式』 w

田崎晴明さんの本がけっこう人気。

(52) 279 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/01/24(日) 20:22:53.70 ID:???
>>274
リストに掲載されているのは、日本の著者や翻訳されている本まで
だから、各人このリストに無い英語本をまだ山ほど蔵書しているはずなんだよね~♪
(むしろ、そちらが見たい!)

(52) 422 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/02/04(木) 21:00:49.92 ID:???
どうせなら、アーノルド 『古典力学の数学的方法』 の方がいいと思う
もう少し早ければ、>>18 にもあるよう、この本の英語版が無料でダウンロードできたのに...

(52) 853 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/02/25(木) 15:31:07.69 ID:???
古典力学の名著と言えばアーノルド

(52) 854 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/02/25(木) 15:32:52.87 ID:???
>>853

深谷賢治さんの解析力学の本はどうですか?

(52) 890 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/02/27(土) 09:38:01.16 ID:???
キーワード:どうですか

154 名前:ご冗談でしょう?名無しさん[] 投稿日:2016/01/14(木) 12:59:57.77 ID:8GTynVgu
戸田盛和の力学の本はどうですか?

223 名前:ご冗談でしょう?名無しさん[sage] 投稿日:2016/01/16(土) 19:16:27.06 ID:???
砂田利一の以下の本を含むシリーズはどうですか?
物理専攻の学生には難しすぎますか?

岩波講座 物理の世界 物の理 数の理〈1〉数学から見た物体と運動
砂田 利一
固定リンク: http://www.amazon.co.jp/dp/4000111639

447 名前:ご冗談でしょう?名無しさん[sage] 投稿日:2016/02/06(土) 12:29:12.53 ID:???
E. M. Purcell, Electricity and Magnetism

はどうですか?

評判がいいみたいですが。

705 名前:ご冗談でしょう?名無しさん[sage] 投稿日:2016/02/18(木) 17:41:22.85 ID:???
スミルノフの高等数学教程ってどうですか?

翻訳者らが豪華ですが。

854 名前:ご冗談でしょう?名無しさん[sage] 投稿日:2016/02/25(木) 15:32:52.87 ID:???
>>853

深谷賢治さんの解析力学の本はどうですか?

887 名前:ご冗談でしょう?名無しさん[] 投稿日:2016/02/27(土) 09:08:45.99 ID:Ma65GICK
高橋秀俊の電磁気学ってどうですか?


(53) 625 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/04/02(土) 19:56:44.49 ID:???
>>624

その祭りではSpringerの本ならなんでも無料でダウンロードできたんですか?

(53) 647 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/04/02(土) 23:01:15.43 ID:???
>>625
Springerの本すべてではないけど、かなり多くの本が無料で入手できた
自分の場合は、欲しかった本の半分程度が入手できたという印象かな

いま上の方でも話題になっている、解析力学を現代の幾何学で再構成した
アーノルド 『古典力学の数学的方法』 の英訳本もゲットできたよ~ん♪

(53) 894 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/04/21(木) 11:15:05.18 ID:???
力学はアーノルドがきれいにまとめたと思う
最終的には、理論物理学全体が幾何学という土台の上で議論されることになりそう


(54) 121 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/06/11(土) 15:25:21.50 ID:???
岩波のアーノルド 『古典力学の数学的方法』 (9,720円) が復刊しているもよう
興味のある人はこの機会にゲットしておこう
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/00/2/0053610.html

(54) 123 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/06/11(土) 15:45:38.21 ID:???
アーノルドの本は将来的に力学の標準的教科書の古典となる

(54) 125 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/06/11(土) 21:20:00.02 ID:???
>>121
屑数

(54) 131 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/06/12(日) 20:43:26.14 ID:???
>>121
装丁が美しいので買ってしまった

(54) 138 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/06/12(日) 22:15:24.71 ID:???
>アーノルドの本は将来的に力学の標準的教科書の古典となる
既に古典だろ、恥さらし

(54) 139 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/06/12(日) 22:32:30.61 ID:???
『古典力学の数学的方法』 は大栗さんのブログでも推薦されていた

Q.
今、大学のClassical Mechanicsの勉強をしているのですが、それに必要な
大学生向けの数学の解説書が欲しいです。
何かおすすめの本はございますか?

A.
アーノルド著の『古典力学の数学的方法』がよいと思います。

(54) 157 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/06/13(月) 19:24:25.40 ID:???
ぷちマンガでわかる古典力学の数学的方法 (1,500円+税) を出してください

(54) 175 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/06/23(木) 22:28:39.91 ID:???
アーノルドの古典力学難しくて読み進むの大変だぞこの野郎

(54) 195 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/06/24(金) 22:30:14.33 ID:???
アーノルド 『古典力学の数学的方法』 の英訳版なら、インターネットアーカイブ入りしている
しかも第2版なので翻訳よりも新しい (テキストPDFなので全文検索やカット&ペーストも可)

Mathematical Methods of Classical Mechanics
https://archive.org/details/springer_10.1007-978-1-4757-2063-1

(54) 299 :名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!:2016/07/10(日) 16:25:27.80 ID:AuoXz2WD
「古典力学の数学的方法」って復刊してたのか・・・今しったよwそれにしても高いなw

(54) 300 :名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!:2016/07/10(日) 17:14:33.00 ID:???
>>195 にもあるよう、英訳版PDFが無料公開されている

(54) 658 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/12/19(月) 15:38:55.28 ID:???
復刊したアーノルドをこないだ買ったがまどろっくしくて冗長に感じたのでアマゾンで下の注文して支払ってきた。

岩波講座 物理の世界 物の理 数の理〈2〉数学から見た古典力学
https://www.amazon.co.jp/dp/4000111647/

俺が新品在庫の最後の注文w。

(54) 666 :ご冗談でしょう?名無しさん:2016/12/20(火) 23:46:28.42 ID:???
>>658
自己レスだがその一冊じゃあアーノルドの内容フォローしてないわ。

同じシリーズ中では

岩波講座 物理の世界 物の理 数の理〈1〉数学から見た物体と運動
砂田 利一 (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4000111639/

岩波講座 物理の世界 力学〈2〉対称性と保存則
佐藤 文隆 (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4000111027/

も入れないと同一範囲ぐらいには足りなさそうだな。
この二冊を実際に読んだわけじゃないが。


(55) 145 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/04/19(水) 21:53:45.05 ID:???
解析力学の教科書で数学的なことがしっかり書かれているものを
ご存じの方いましたら教えてください
学部程度の解析学は心得てます

(55) 146 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/04/19(水) 21:56:46.17 ID:???
アーノルド

(55) 150 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/04/19(水) 22:08:45.83 ID:???
>>146
古典力学の数学的方法という本でしょうか?
見てみます

(55) 156 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/04/19(水) 23:39:14.50 ID:???
>>145
1.は、アーノルド 『古典力学の数学的方法』 の原書 (翻訳より新しい第2版)
  シンプレクティック幾何学で解析力学を組み立て直した歴史的著作.

2.は、ランチョス 『解析力学と変分原理』 (絶版) の原書
  解析力学を歴史的進捗に沿って詳しく解説した本.

3. は、解析力学の基礎となる数学(変分法)とその応用(物理)を詳しく解説した本.

1. V. I. Arnold "Mathematical Methods of Classical Mechanics" 2nd Edition (無料公開)
https://archive.org/details/springer_10.1007-978-1-4757-2063-1

2. Cornelius Lanczos "The Variational Principles of Mechanics"
https://www.amazon.co.jp/dp/0486650677

3. Gelfand & Fomin "Calculus of Variations"
https://www.amazon.co.jp/dp/0486414485

4. 深谷賢治 『解析力学と微分形式』
https://www.amazon.co.jp/dp/4000068849

(55) 157 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/04/20(木) 00:52:25.74 ID:???
>>156
おっと、1.は原書ではなく英訳版ですね

(55) 514 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/06/18(日) 17:13:08.46 ID:???
おれも Spivak の力学には興味あるよ
ただし現状ではアーノルドで十分、続編がどうなるか様子を見ているところ

(55) 778 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/08/06(日) 11:43:48.43 ID:???
spivakの力学にちょっと目を通してみた
アーノルドみたいな数学書だと思ってたんだけど、思ってた以上にガッツリと力学してて驚いた。
(しかも解析力学は最後の方の200ページほどだけ)
力学のテキストなのに、本書を読む前に微分幾何の本(spivakの1と2)を理解しておいてねとか
読者層がニッチすぎると思う・・・
買える値段になればかうつもりだけどね