(9) 122 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/02/08 19:02 ID:71D6XZwn
熱力学で、わかりやすい参考書は無いでしょうか?
・「熱力学」、三宅哲 著、 裳華房、 ★
これですら、難しいと感じるレベルです。
どうかお願いします。

(9) 124 :Air4th ◆xWn.OsrdWE :04/02/08 19:39 ID:444sdgg/
>>122
大野公一(岩波)。
まともな教科書(ブルーバックスみたいなの以外)でこれより易しいのは知らない。
あと、グライナーの熱力学の部分とか。

>>120
もうだめぽ・・

(9) 125 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/02/08 19:56 ID:???
>>122
その本読んだけどいい本だからがんばって読んでみそ。
他に易しめの本は
熱・統計力学のききどころ 和田純夫著 岩波書店
とか
化学の本になるけど
化学熱力学 原田義也著 裳華房
なんかがいいと思う。

(9) 126 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/02/08 21:17 ID:???
>>122
教科書にこだわらなくても、いろんな大学の教官のHPを見てみ。
講義ノートを載せてあることがあって、よくまとまった簡潔な教材
として使えることがあるよ。

(9) 129 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/02/08 22:56 ID:???
>>122
山本義隆「熱学思想の史的展開」
めっちゃ面白いから、これ。


(11) 782 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 10:22 ID:???
熱力学に初めて入るのですがどんな本がいいですか?
テンプレを見たところ三宅さんの本から入るべきですか?
フェルミ熱力学はやっぱフェルミが書いた本なので
なかなか惹かれるのですがやっぱり突然フェルミだと難しいですか?
あと有名人の本は当たりはずれがありますがフェルミはどっちだと思いますか?


(14) 105 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/10/26 17:42:00 ID:???
熱力学の講評だけど、
・「熱力学」、三宅哲 著、 裳華房、 ★
・「熱力学」、田崎晴明 著、培風館、★★★★
って、そこまで差あるか?

(14) 110 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/10/26 21:48:43 ID:qMu+4Ga+
>>105
三宅哲の方が難しいし、実用的。田崎さんの読んで熱力学の深さに
感動したけど、問題が解けるようにはならない。

(14) 244 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/11/03 23:07:49 ID:VlGI7IBd
「熱力学」、三宅哲 著、 裳華房、 ★

これより簡単なお勧めの熱力の本はないでしょうか?
熱力でちょっとつまずいています。

(14) 245 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/11/03 23:19:51 ID:???
>>244
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000052403/qid%3D1099491529/249-6897352-2603568


(15) 297 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/12/17 22:18:53 ID:???
とりあえず読んでないのはいいから一言ずつ感想を。
他色々あるだろうから追加よろ。

☆力学☆
ゴールドシュタイン:
ランダウ:
ファインマン:
☆熱力学☆
三宅:
フェルミ:
プリゴジン:
ファインマン:
☆電磁気学☆
電気学会:
太田:
ランダウ:
ジャクソン:
ファインマン:
☆量子力学☆
桜井:
朝永:
猪木:
メシア:
ランダウ:
ディラック:
ボーム:
アイシャム:
ファインマン:
☆物性☆
キッテル:
アシュクロフト:

(15) 302 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/12/18 02:06:14 ID:???
>>297
物性は有って、統計力学はスルーですかそうですか。


(21) 44 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/11/26(土) 09:22:48 ID:???
熱力学:三宅(裳華房)
 ↓
熱統計力学:阿部(裳華房)


(23) 193 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/10(土) 14:47:38 ID:???
>>192
概念っていうか、基本的な内容を扱った教科書。
1936年にコロンビア大学で講義した内容らしい。レベル的には学部1,2年用だと思う。
内容は↓みたいな感じ
http://www.sanseido-publ.co.jp/publ/fermi.html

(23) 194 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/10(土) 14:51:52 ID:7bb1Zx/E
>>193
ありがとうございます。
今手元には三宅熱力学があるのですが、まずこれをした方がいいですかね?

(23) 195 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/10(土) 14:54:18 ID:???
>>194
だと思う。
フェルミは副読本として使ったほうがいいかも。洋書なら1000円以下だし。


(24) 817 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/04(月) 16:49:39 ID:???
ブックオフで105円だったので、「熱力学」三宅哲 裳華房
を買ってきたのだ。

(24) 818 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/04(月) 17:06:58 ID:???
>>817
標準的な良書ですねアレは


(26) 490 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/12(土) 10:31:25 ID:???
難易度の低い(と思われる本)が必ずしもわかりやすいとは限らない事を改めて思い知った・・・。

熱力学で最初に読んだのが小出の物理学で、やたらわかりにくかった。本は明らかに初心者向けなのになんでこんなに
難しいんだ???と思った。結局理解も中途半端のまま途中で挫折。
次に読んだのが熱・統計力学のききどころ。熱力学が20pくらいで終わってて、やっぱり結局よくわからなかった。
で、テンプレ参考にして三宅さんの熱力学を読んでるが、ものすごくわかりやすい。最初からこれを読んでればよかった・・・。

量子も同じ。初心者向けだと思って買った量子力学のききどころがやたらわかりにくい。
清水さんのを読んでから猪木さんのを読んだら難しい箇所もあるけどわかりやすい。

他の分野も色々本を漁ったけど、下手に簡単そうな本を選ぶより、結局ここのテンプレに出てる本がベターだという事を
思い知らされた。

(26) 493 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/05/13(日) 06:29:53 ID:???
>490
同意。小出、原島(力学、統力)がなんで初心者向けなのかわからん。
初心者ほど、体裁は初心者向けだが実は読みにくい本に引っかかるから注意だ。

(26) 497 :NO-NAME:2007/05/13(日) 20:55:03 ID:MmH4hPHo
熱力学って
参考書の著者によって記述中身が大いに違う
初心者に分かりやすいものと
中級以上の学生向けいろいろ
講義の内容にもよる
三宅著「熱力学」は非常に分かりやすい(文系向け)
清水著「熱力学の基礎」の記述内容は
内容的に高度で前掲書とは全く異なる



(27) 995 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/10/29(月) 03:10:48 ID:???
熱力学を勉強するんで

熱力学  三宅哲
熱力学入門  佐々真一
熱力学の基礎  清水明

の三冊からとりあえず一冊読もうと考えてるんですが
どれが勉強しやすいですか?

(27) 997 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/10/29(月) 19:53:20 ID:???
>>995
あなたの今のレベルがわからないので何ともいえんが、
三宅と佐々の二冊のうち自分の読みやすい方を読み
全体の流れを掴むのもよいのでは。
清水をじっくり腰をすえてやるのも良いと思う。


(28) 968 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/04(月) 23:56:55 ID:???
>>959熱力学-現代的な視点から-

これって難しそうだけど大学入って初めて買う熱力学の参考書としては
使えるんでしょうか・・・?


(28) 969 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/05(火) 00:09:46 ID:???
>>968
無理なく勉強したい⇒三宅「熱力学」

厚いのはめんどいよ、薄いのでパッと知りたいんだ⇒佐々「熱力学入門」

和書だけど気合入ったのがいい⇒田崎「熱力学-現代的な視点から-」、清水「熱力学の基礎」

(28) 977 :968:2008/02/05(火) 12:38:11 ID:???
>>969
ありがとうございます。とりあえず佐々さんのやってみます。



(29) 14 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/11(月) 00:37:24 ID:???
>>13
おお。 ありがとうございます。 力学は明日物色してきます。
あと、電磁気学は ・「電磁気学(テキストコース4)」、砂川重信 著、岩波書店、★★
でしょうか。 ファインマンは口語調でわかりやすそうだけど、 深くて分からん的な話を聞いたので。
数学は、前スレに出てきた小林亮のベクトル解析入門を並行して読むべきでしょうか。
他によいのがあればお願いします。

(29) 15 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/11(月) 01:30:23 ID:???
俺も熱力学は三宅を推す。
力学は東大出版の物理学序論としての力学が良い

(29) 17 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/02/11(月) 02:37:24 ID:???
>>14
みんなが書いてるが
力学は、物理学序論としての力学
熱力学は、三宅先生の本
電磁気は、砂川先生で良いと思うが
テキストシリーズより初学者のための~の方がいいのではないかな。
実際に書店で見て決めてください。好みとかあるだろうし。

あと他の人も言ってますが
数学をやった方が良いと思う。キッチリやる必要はないから
(どんなものが必要か、大まかなことをわかっていれば授業が楽になるし)
岩波基礎コースの物理の数学か、入門の物理のための数学などを
見ることを勧めます。

(29) 554 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/03/09(日) 15:26:31 ID:???
?? QFTって基礎じゃないのか?

(29) 557 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/03/09(日) 16:52:12 ID:???
>>554
学部での基礎ってことで

>>555
俺も同じく3年になるよ。
解析はランチョス2回目。電磁気は洋書の演習書。量子は講義で第二量子化まで。
熱力は講義で一通りやったみたいだけど、関係なしに三宅さん読みながら詳解。
相対論は特殊はgriffithsで済ました。一般はディラック読んだけど、文字通り読んだだけで手をつけてない。

熱力学終わったら統計したらいいんじゃない?岩波基礎物理がいいって言うね。
あとは量子とかしといたらどうだろ。

(29) 567 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/03/09(日) 19:02:10 ID:???
>>557
分かったからママンに褒めて貰えよ


(32) 402 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/16(日) 01:12:12 ID:???
・「熱力学」、三宅哲 著、 裳華房、 ★
・「フェルミ熱力学」、E・フェルミ 著、三省堂、★★


大学生で熱力学勉強するんだったらどっちが良いかな?
ttp://www.sanseido-publ.co.jp/publ/fermi.html
フェルミ熱力学の方はエントロビーとか書いてあって
現在ではあまり使わない言葉ばっかり出てきても不安なんだが・・・
そこんとこどうなんだろう?

(32) 403 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/16(日) 01:19:38 ID:???
>>401
まあ、丸善に関してはそこまで不満はないんだけど、
(欲を言えば、力学系の例もそうだけど、書籍の配列をもう少し実態に合わせてほしい)
あのレベルの陳列なら大学生協で充分間に合うから、わざわざ丸善まで出向く必要ないってこと

>>402
「エントロビー」はともかく、エントロピーは現代でも普通に使うぞ
そこから抵抗感じるのなら三宅のほうがいいのかもしれない
(読んだことないから推薦はできないが)
ただ、そこで止まるべきではないとは思う

(32) 550 :NO-NAME:2008/11/24(月) 10:22:31 ID:/MUYqL9B
熱力学の入門で清水は絶対に止めておいた方がよい
かえって熱力学嫌いになる可能性が大きい
三宅(裳華房)あたりが適当か
熱力学の基本となるボルツマンの原理に触れていないものがある
分子運動についてはアトキンスの物理化学あたりがきちんと説明している

(32) 551 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/24(月) 10:26:57 ID:???
最初は三宅と佐々どっちがいいかんじなのだろうか?

(32) 553 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/24(月) 11:27:48 ID:???
熱力学なんて深く考えすぎると頭おかしくなるで

(32) 554 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/24(月) 11:45:29 ID:???
今度統計力学をやるので、一年生で暗記のみで単位を取得してしまった
熱力学を復習したいのです

(32) 556 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/11/24(月) 11:55:41 ID:???
>>550
Boltzmannの原理はあくまでミクロとマクロを繋ぐ統計力学の原理
熱力学はそんなものがなくてもきちんと構築できる
そういう誤解を与えないためにも物理化学の教科書は物理やるならやめといた方がいい

>>551
三宅のほうは読んでないから何とも
ただ、三宅はFermi等でも採用されているClausius流の論法であろうと思われるが、
あの論法だとエントロピーを定義する所まではいいが、
完全な熱力学関数に進む所でどうも論理に飛躍が生じがちな気がする
佐々はClausius流に比較的近い論法でその辺きっちり書いてあって個人的には好き

>>553
深くやるだけの価値はある美しい理論体系だと思うけどなあ

>>554
復習なら別に清水とか田崎でもいいと思うけどね


(36) 803 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/21(日) 03:05:31 ID:???
熱力学は三宅もいいんじゃない?

(36) 811 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/21(日) 21:43:17 ID:???
力学 原島
解析力学 高橋
統計力学 長岡
熱力学 三宅
電磁気学 
量子力学 清水

電磁気はシラネ。


(43) 282 :ご冗談でしょう?名無しさん:2012/08/02(木) 14:31:59.76 ID:r3dVj+NG
熱力学の入門書として
三宅 哲の熱力学 か 熱力学──現代の視点から だったらどっちの方がオススメ?
それかもっとオススメの本があったら教えてください


(47) 938 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/01/18(日) 00:31:33.01 ID:???
熱力学の最初は三宅のをお勧めする。フェルミはないな。


(49) 240 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/04/23(木) 03:26:46.46 ID:???
統計は同じ阿部でも裳華房のほうでいいじゃん。
あれなら統計力学に必要な最低限の知識で読みこなせるでしょ。
あれいい本だと思うけど。熱力の三宅もだけど。

(49) 576 :ご冗談でしょう?名無しさん:2015/05/18(月) 19:12:57.48 ID:ud+u4n+y
原の力学1・2、砂川の電磁気学、三宅の熱力学やって編入試験受けます。

三ヶ月以内でいけるかな


(56) 291 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/09/27(水) 14:45:18.13 ID:???.net
佐々、田崎読んでも全然熱力学が解らないんだが・・・
何かおすすめの書籍はありませんかね

(56) 294 :291:2017/09/27(水) 16:43:12.24 ID:???.net
えーと、何がどう解らないってのは難しいですね…

Lieb, E. H.; Yngvason, J. (1999).に影響を受けていない本でオススメってありませんか
原島、三宅あたりってどうなんでしょう

(56) 295 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/09/27(水) 17:19:50.41 ID:???.net
佐々

(56) 296 :ご冗談でしょう?名無しさん:2017/09/27(水) 18:34:07.28 ID:???.net
>>294
要するに公理的アプローチによる熱力学という物理理論のロジックの解説は御免ってことだね
逆に言えば熱力学で具体的な問題が解けるようになりたいってことだよね

だったら>>295の挙げてる佐々もNG
あれは田崎や清水と類似のアプローチでそれらの入門か序説みたいな本だから公理的アプローチなのは同じ

原島、三宅は確かに以前から評判の良い古典的な(つまり熱力学という理論の理解はともかくとして具体的に問題が解けるようになる)
教科書だから、書店で実際に眺めて自分の肌に合いそうなのを選ぶのが良いんじゃないの
原島や三宅なら大学生協やジュンク堂などの理工学書をちゃんと扱ってる大きな書店だとたいてい置いてあるだろう

(56) 319 :291:2017/09/30(土) 12:48:40.27 ID:???.net
>>296
返信遅れてしまいましたが、ご丁寧にありがとうございます
まるっきしの初学者が公理論的熱力学の入門書(佐々、田崎)を買ってきてしまったので、
公理論的熱力学の学習以前の初学者向けと思われる2冊を買ってきました
確かに希望としては大学演習などの問題を解けるようにはなりたいですね、当方は

あと勿論当方はLieb, E. H.; Yngvason, J. (1999).の意義を否定しているわけではありません
ただ古典力学初学者が解析力学の書籍で力学を始めようとしてしまった感があり、また、
佐々、田崎は持っているので、本論文の影響を受ける以前の定評ある書籍を伺ったまでです

過去ログ見たら既出の質問らしく公理主義vsそれ以前の熱力学の議論を再燃させたようでお粗末さまでした